買う

立川の老舗銭湯「梅の湯」、7500冊のコミックで若者たちに人気

整然と並べられたコミックと店主の佐伯さん。「きれいにしておくと盗難もない」

整然と並べられたコミックと店主の佐伯さん。「きれいにしておくと盗難もない」

  •  
  •  

 7500冊のコミックをそろえる立川の老舗銭湯「梅の湯」(立川市高松町3、TEL 042-522-3800)が若者たちから人気を集めている。

 同銭湯は1941(昭和16)年に創業し、現在は3代目の佐伯雅斗さんが店主を務めている。都内で最初に岩盤浴や電子マネーを導入するなど、新しい試みに積極的に取り組んでいる。

[広告]

 2006年の改築を機に集め始めたコミックは現在7500冊に及ぶ。「カップルのお客さまが、コミックがあることによって、お互いの入浴時間を気にせずに過ごす様子を見て増やしていこうと思った」と佐伯さん。1・2階の休憩室の壁面の本棚は出版社別に分けられ、シリーズの背表紙の色により佐伯さんこだわりの配置で並ぶ。「『きれいだけれど、やり過ぎ』といった感じを出したい。当面の目標は1万冊。今後どのように壁面に本棚を増やしていくかが課題」と話す。

 「当湯の利用客は、下は小学生以上のグループやカップル、ご夫婦など圧倒的に若いお客さまが多いという珍しい特徴がある。入湯料でコミックだけを読みに来るお客さまもいる」という。

 「最近孤独死が問題になっているが、街の銭湯の役割として、高齢者の見守りに役に立てるのではと考えている。周囲と連携して、アイデアを出していきたい」とも。

 営業時間は15時~24時。入湯料は、大人=450円、中学生=300円、小学生=180円、幼児無料(2人まで)。

  • はてなブックマークに追加