暮らす・働く

国分寺で子どもの仕事体験「ぶんザニア」-稼いだ指定通貨で縁日の買い物も

スタッフメンバー

スタッフメンバー

  • 0

  •  

 国分寺駅北口周辺で11月16日、小学生以下の子どもが仕事体験をするイベント「ぶんザニア」が行われる。

 同イベントは地域活性イベント「ぶんじマルシェ」の一環。同駅北口は2018年度の事業完了を目指し現在、再開発工事が進む。「駅前の商店の移転や廃業による商店街エリアの縮小、工事に伴う動線の変化などにより来街者数に影響が出ている。また今後、複合型商業施設の完成に伴い、駅から『まちなか』へ足を運ぶ人は大幅に減少すると考えている。商業環境の変化を機会と捉え、北口周辺の5商店街が一体となり、まちなか全体の魅力を創出していきたいと『東栄会』が主体となって連携を呼び掛けた」とぶんじマルシェ実行委員会事務局の鈴木さんは話す。

[広告]

 各商店街の若手役員、店主など約10人で実行委員会を構成し、東京経済大学や学芸大学の学生約10人も協力する。

 当日、駅前に設置した「お仕事相談センター」で職業(パビリオン)を選び仕事体験をし、受け取った給料明細を「ぶんザニア銀行」に持っていくと指定通貨「ぶんゾ」が発行。屋台村風に設営された縁日コーナー(当日開催)で買い物ができる。「子どもたちは仕事体験を通じて『働くこと』の意味を考える機会になる。また、地域コミュニティーを軸足に商店街の多様な可能性を模索する状況の中、地域で子どもたちを見守り育てていくことで『子どもたちにとって開かれた商店街』への大きな第一歩となる取り組み」と意欲を見せる。同イベントは昨年も予定していたが台風のため中止され、今回が初めての開催となる。

 お金の数え方などを学ぶ「多摩信用金庫 国分寺支店」(国分寺市本町3)、指紋鑑識活動、犯罪防止キャンペーン活動、警官制服着用モニター体験などができる「小金井警察署」のほか、「スターバックス 国分寺店」(本町2)、ドーナツ店「LEONE DOUGHNUTS」(本町2)など21店が参加予定。申し込みは当日受け付ける。対象は3歳~12歳で、先着300人。

 開催時間は10時~16時(予定受付時間)。参加無料。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース