立川名物「うど」のキャラ「うど花ちゃん」-壽屋がストラップ発売へ

少しはにかんだ笑顔が魅力の「うど花ちゃん」

少しはにかんだ笑顔が魅力の「うど花ちゃん」

  •  

 壽屋(立川市曙町1)は、立川名物である「うど」をモチーフにした「うど花ちゃんストラップ」を発売する。

 立川はうどの生産量が日本一。そこに注目した立川商工会議所が、同所が運営する飲食店情報配信サイト「たちかわ“味”倶楽部」のイメージキャラクターとして2003年に「うどっ穂くん」(うどっぽくん)と「うど花ちゃん」(うどかちゃん)を採用。アニメキャラなどのフィギュアを制作する同社が「立川をアピールせっかくのキャラクターを活用しないともったいない」(同社担当者)と、同所と構想を練り今回のストラップが完成した。

[広告]

 今回ストラップ化した「うど花ちゃん」は、「うどの花」を髪に見立て、少しはにかんだ優しい表情と「立川うど」のような柔らかな表情を持ち合わせたキャラクター。それ以外にも、男の子キャラの「うどっ穂くん」など、うどキャラは全部で6種類。

 同社担当者は「現在立川は駅前開発が進むなど、市全体が盛り上がっている。また、最近さまざまな地域のオリジナルキャラクターが注目を浴びている。そうしたことも踏まえて、立川にかかわる人々が立川という街にもっと親しみをもてるきっかけとなるアイテムとなれば」と期待を寄せる。

 「うど花ちゃんストラップ」は、4月27日に開催される「春の楽市」で観光推奨認定品として出展され、その後は同社直営店でも販売予定。価格は630円。

昭和記念公園で「春の楽市」-「緑と環境」テーマにエコイベント多彩に(立川経済新聞)コトブキヤ立川店で「模型教室」-小学生対象に少人数制で開催(立川経済新聞)「インディ・ジョーンズ」がフィギュアに-インディやパパなど(アキバ経済新聞)壽屋から「もえたん」フィギュア-バニーやメード姿ラインアップ(アキバ経済新聞)壽屋たちかわ“味”倶楽部