見る・遊ぶ

立川ダイスとアルバルク東京がバスケットボールスクール 体験会も

メインコーチを務める劉生琢行さん

メインコーチを務める劉生琢行さん

  •  

 立川を拠点とする3人制プロバスケットチーム「TACHIKAWA DICE(立川ダイス).EXE」と、プロバスケットボールチーム「アルバルク東京」が5月から、バスケットボールスクール「ADVANCE BASKETBALL SCHOOL supported by ALVARK TOKYO」を開講する。

サブコーチを務める渡邉拓馬さん

 昨年12月、バスケットボールを中心とした、スポーツの普及・振興事業に関する相互協力の協定を締結した両チーム。今年2月には「ADVANCE ~Lead to all~」と題し、バスケットボールクリニックや社会貢献活動などを行う両チームの共同プロジェクトを始動。同プロジェクトの一環で、元日本代表選手で、アルバルク東京のアシスタントゼネラルマネジャー兼スクール・アカデミーコーチを務める渡邉拓馬さんが立川ダイスと選手契約を締結した。

[広告]

 同スクールの開講について、立川ダイスの劉生琢行マネジャーは「2つのトップチームがバスケットボールという共通点の下、スクールを通じて体を動かす喜びやバスケットボールへの関心を高めていけたら」と話す。

 本年度開講するのは、新小学2年~4年生が対象となるU10(16時~17時20分)と、新小学5年~6年生が対象となるU12(17時30分~19時)の2クラス。会場は柴崎体育館(立川市柴崎町6)。毎週火曜に開催する。メインコーチは栃木ブレックスのスクールコーチの経験も持つ劉生さん、サブコーチは渡邉さんが務めるほか、立川ダイス所属のプロ選手もゲスト参加を予定する。費用は、年会費6,000円(保険料含む)、月謝8,000円(以上価格は税別)。

 「立川から世界で活躍できる選手を育てていきたい」と劉生さん。「これからバスケを始めたい人、さらにスキルアップをしたい人、プロを目指すためにプロ選手に身近に相談やアドバイスをもらいたい人などにぜひ参加していただければ」と呼び掛ける。

 4月17日・24日には、体験会を開く。開催時間は、U10クラス=19時40分~20時20分。U12クラス=20時30分~21時15分。定員各回30人(要事前申し込み)。参加無料。体験会の申し込みは、立川ダイスのホームページの問い合わせフォームで受け付ける。問い合わせは立川ダイス運営事務局(TEL 042-527-2700)まで。