見る・遊ぶ

立川のブドウ農園で「ART in FARM」 津軽三味線の群演奏やアート展示など

昨年の「ART in FARM」の様子

昨年の「ART in FARM」の様子

  • 245

  •  

 立川の井上葡萄園(立川市富士見町3)で9月8日・9日、「ART in FARM 2018―都市農地がART のあるオアシスになる2日間」が開催される

 「ART in FARM」は、2007年に始まったアートを通して都市農地の保全・活用を模索・提唱していく運動。「農業」と「アート」をコラボレートさせることで、都市空間の一部としての農地の意義を知ってもらい、相互の刺激によって、隠れていたそれぞれの社会的意義をより高めることを目的としている。

[広告]

 今年は総勢8人による津軽三味線の迫力ある群演奏が都市農園で楽しめる。演奏するのは世界津軽三味線大会で連覇中の「三津巴」。昼の部は15時~(大人2,000円、子ども1,200円)、夕の部は17時30分~(大人2,500円、子ども入場不可)。ワンドリンク付きで、夕の部のみ軽いつまみ付き。

 ブドウ畑でのヨガ教室は12時~と13時30分~(大人1,500円、小学生以下500円、ワンドリンク付き)。フルートのミニコンサート(無料)も予定する。

 会場内は幻の日本画家・尾崎雄一郎素描画展や、宗政浩二さん、三梨伸さん、みないめぐみさん、YUKIE HORIさんなどの作品で「アートの世界」を演出する。

 カフェでは水出しコーヒーや、ハーブティー、野菜のカクテルなどのほか、イタリアンなども提供する。

 イベント代表の井上洋司さんは「普通のブドウ畑とは異なるアートも楽しめる空間を皆さんに体験していただける。ぜひご来場いただければ」と話す。

 開催時間は11時30分~19時30分。ヨガ教室、三味線コンサートは要予約。