食べる 買う 暮らす・働く

昭島で「産業まつり」 ウィズコロナでハイブリッド開催、スタンプラリーも

昭島市産業活性課産業振興係の山田恵理さん

昭島市産業活性課産業振興係の山田恵理さん

  • 12

  •  

 「昭島市産業まつり」が現在、開かれている。

 「昭島市産業まつり」スタンプラリー詳細

[広告]

 「あきしまの産業が好き~めぐってあつめる1か月 密にならずに見つける あきしまの魅力~」と副題を掲げる同イベント。ホームページ上の「デジタルブース」と体験型の「リアルイベント」で市内の産業を紹介するほか、イベントや来店で参加できるスタンプラリーを用意する。

 52回目を迎える同イベントはコロナ禍以前、KOTORIホール(昭島市民会館)周辺で2日間にわたり開いていた。同市産業活性課産業振興係の山田恵理さんは「2年連続の中止を経て、ウィズコロナで期間や場所を分散して、密にならずに昭島の産業の魅力を市民に伝える方法を考えた」と話す。

 デジタルブースでは、市内のものづくり事業者や、農業、深層地下水100%の水道水「あきしまの水」を紹介。多摩大学の学生による、同市をバーチャル体験できるアプリを紹介するほか、キーワードを集めるとスタンプラリーの特賞に応募できる企画を用意する。

 リアルイベントでは、市内の企業や店・団体が「農ウォーク」「まちゼミ」など、遊びや学びのイベント50件以上を市内各所で開催。イベント参加でもスタンプを付与する。

 スタンプラリーの景品は市内事業者が提供。景品は「電動アシスト自転車+ステンレスキーホルダーオーダー券」「Nintendo Switch+のちかっぱーデザインケースとアクリルスタンド」「ソーダストリーム+産業まつりオリジナルクラフトビール・あきしまの水セット」「フォレスト・イン昭和館 ペアチケット」など。「景品でも市内の産業を知ってほしいと、既製品とオリジナルグッズを併せた」と山田さん。

 「ウィズコロナによる分散型イベントは産業まつりでは初の試み。今後も反響を見ながら改善していきたい。リアルとデジタルとスタンプラリーで昭島の魅力を知っていただけたら」と参加を呼びかける。

 12月18日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース