プレスリリース

林雅之 写真展 『山観山歩』HIDA 東京ミッドタウン店にて10月14日(金)より開催

リリース発行企業:飛騨産業株式会社

情報提供:

HIDA東京ミッドタウン店(飛騨産業株式会社/本社:岐阜県高山市 代表取締役社長:岡田明子)では、写真家の林雅之が日本各地の山々や飛騨の森で撮影した写真を紹介する作品展『山観山歩(さんかんさんぽ)』を開催します。



プロダクトや空間などコマーシャルの分野でも幅広く活躍する林は、オフになると都会の喧騒を避けるように山に入り、そこに拡がる自然の営みをカメラで捉え続けてきました。山肌を登る雲、樹林に差し込む陽の光など、林自身が山を歩き、山を観るなかで写し出された、日常では体感することのない独自の世界をお楽しみください。
画像)飛騨高山より黎明の乗鞍岳 Photo: Masayuki Hayashi

二眼レフカメラ捉える自然界のドラマ
林が主に撮影に使用したのは、30年来愛用している二眼レフカメラのローライフレックスです。そこにモノクロームのフィルムを詰め、首から下げて山に入るのが林のお決まりのスタイルです。「決して楽ではない山歩きという行為のなか、無心の状態に追い込まれると、不思議と精神が解放される」と林は言います。そんな中、山中で日々繰り返されている自然界のドラマに素直にカメラを向け、スナップすることで誕生したのが今回の作品群です。

HIDAゆかりの奥飛騨の原生林を撮り下ろし
作品に登場するのは富士山をはじめ穂高岳や乗鞍岳など日本アルプスの山々から、近郊の低山まで多岐にわたりますが、なかでも注目したいのが今回の展示のために撮り下ろした奥飛騨の原生林の作品です。「森と歩む」を大切な価値観として家具づくりを行うHIDAのルーツである飛騨の森に、林のレンズが迫ります。



TAKT PROJECTデザインよるこだわりの額装
撮影の仕事を通じてプロダクトデザインに精通している林にとって、額をどのように仕上げるかは重要な問題でした。交流のあるTAKT PROJECTの吉泉聡氏にデザインを依頼し制作されたのが今回の額装で、細部まで計算された意匠は、シンプルでありながら心地よい緊張感をつくり出します。構造上ギリギリの細さのフレームは、高い木工加工技術を有するHIDAが制作を担うことで実現しました。

 ※ 額はビーチ材をステインで仕上げたブラック仕様と、ビーチ材をソープフィニッシュで仕上げた2種類です。

画像)TAKT PROJECTのデザインによるオリジナルの額装 Photo: Masayuki Hayashi

― 作品はすべて販売します。
― 店内では作品をHIDAの家具とのコーディネートで展示し、暮らしの中でのアートの楽しみ方をご提案します。



雅之 / Masayuki Hayashi
写真家。東海大学教養学部在学中より写真を始め、フリーランスとして現在に至る。プロダクトや家具などのスチルライフを中心に撮影を行うと同時に作品制作活動を行う。主な展示に2009年 代官山ヒルサイドテラス温室の半屋外空間での展示インスタレーション「景花」、2010年南青山スパイラルガーデンでの「Building Building」、2017年IDÉE SHOP 六本木での「Black and White」などがある。作品集の出版は2005年「mannequins」、2010年 「the secret life of mannequins」、2010 年「Building Building」、2012年「Living Flowers」など。www.mho.jp


展示概要
展覧会名:山観山歩 (さんかんさんぽ)
開催日時:2022年10月14日(金)~ 11月6日(日) 11:00~20:00 (会期中無休)
*作家在店日 10月14・15・22・29 日/11月3・5・6(最終日) いずれも午後からの在店となります。
会場:HIDA 東京ミッドタウン店 東京都港区赤坂9-7-3 E0301 東京ミッドタウンガレリア3F
入場:無料
主催:飛騨産業株式会社
フォトフレームデザイン:TAKT PROJECT Inc.
グラフィックデザイン:sakurai design inc.
特別協力:乗鞍山麓五色ヶ原の森
協力:GIN-ICHI Corp. Onoue Printing Inc.
お問い合わせ:03-5413-7637(HIDA 東京ミッドタウン店)
URL:https://hidasangyo.com

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース