見る・遊ぶ

立川でジブリ美術館配給「夜のとばりの物語」上映-館長のトークショーも

© 2011 NORD-OUEST FILMS - STUDIO O - STUDIOCANAL

© 2011 NORD-OUEST FILMS - STUDIO O - STUDIOCANAL

  •  
  •  

 立川シネマシティ(立川市曙町2)で7月26日、「『夜のとばりの物語』上映会&ジブリ美術館館長トーク」が開催される。主催はリビング多摩。

 同作は、世界の優れたアニメーションをセレクトし広く紹介する活動に取り組む三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー(三鷹市)が配給する最新作。「キリクと魔女」「アズールとアスマール」など、エキゾチックな舞台で愛をテーマにしたアニメーションで知られるミシェル・オスロ監督の最新作で、中世ヨーロッパ、カリブ、アフリカ、南米、ヒマラヤなどを舞台に、時代や地域を超えた美しい愛の物語6話を影絵で描き出す。

[広告]

 同館では2D吹き替え版を上映。日本語吹替版キャストは、声優や歌手として活躍中の坂本真綾さんのほか、逢笠恵祐さん、金尾哲夫さん、アニメーションの声優初挑戦の西島秀俊さんらが務めた。

 当日は、同館・中島清文館長のトークショーも開催。配給までのいきさつや、ジブリ美術館の活動などについての話を披露する。

 「普遍的な愛をつづったエピソードと、光と影とが織り成す色彩美が素晴らしい作品。話の精巧さは大人を楽しませ、シンプルな展開と愛・正義など普遍的な教訓はお子さんも一緒に楽しんでいただけるのでは」と同館広報担当の古川さん。「親子連れはもちろん、女性同士や、デートムービーとしてカップルにもぜひお薦めしたい」とも。

 開映9時30分、終了11時30分。定員170人。チケットは1,500円(ポップコーンとハワイソーダ付き)、シネマ・ツー窓口、ウェブで販売している。詳細はホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加