見る・遊ぶ

昭和記念公園で「メレルと芝生で大運動会」-ワークショップやライブも

昨年のイベントの様子

昨年のイベントの様子

  • 0

  •  

 アウトドアブランド「メレル」を展開する丸紅フットウェア(中央区)は9月9日、昭和記念公園(立川市緑町)みどりの文化ゾーンゆめひろばで「MERRELL presents LET’S GET OUTSIDE® ~メレルと芝生で大運動会~」を開催する。

 昨年に続き2回目となる今回のテーマは「大運動会」。「大人になると外で思い切り体を動かしたり、真剣に誰かと勝負したりする機会が少なくなる。そんな人たちに心の底から笑い合える体験をしていただきたいと思った」と同社担当の今井さん。

[広告]

 当日は「大縄跳び」「綱引きトーナメント」「大玉転がし」「フォークダンス」「リレー」などの競技のほか、スポーツ綱渡り「ギボンクラックライン」や「ダブルダッチ」「Gボール(バランスボール)」、アウトドア雑誌で活躍中の長谷部雅一さんによる親子自然遊び教室「Be-Nature School」などのワークショップにも参加できる。競技の合間には、4人組のアコースティックバンドNabowaやLeyonaさんによるライブも開かれる。

 会場内には、オリジナルソーセージを提供する「30’s」、ハワイ料理の「PRIMAL」など5店が出店する飲食エリア、ヘンプウエアやアクセサリーなどの物販エリアも設ける。

「ユニークなアウトドアや外遊びを体験してもらい、屋外で遊ぶ楽しさをそれぞれの感性で感じていただければ」と今井さん。

 開催時間は10時~17時。入場無料。