暮らす・働く

恒例「立川つまみぐいウォーキング」開催へ-市内43店舗が参加

昨年の様子

昨年の様子

  • 0

  •  

 立川市内の商店街で10月5日、「立川つまみぐいウォーキング東西編」が開催される。主催は立川市と立川市商店街振興組合連合会。

 立川の商店街の逸品、イチオシ商品をつまみぐいしながら、ウオーキングを楽しむ同イベント。今年で3年目となる。「昨年の参加者からは、お店の人との会話が楽しかった、入りにくかった店に入れ、味を知る機会になりよかった、クーポンがなくなったら有料でも食べたいと思うくらいおいしかった、などの感想が寄せられ、大変好評だった」と話すのは同連合会企画・広報担当者。

[広告]

 今年の「東西編」は、西立川駅を出発し、市内14の商店街を巡りながら、西国立駅前・羽衣西公園のゴールを目指し、約8キロのウオーキングを楽しむ。参加者は、参加43店舗のうち10店舗で「つまみぐい」ができる。「つまみぐい」商品は、飲食に加え、物販も用意。お土産として持ち帰れるものもある。また、同イベント参加者のみが受けることができる当日特典のある店舗もある。

 「立川の街や店を知りたい方に、きっかけつくりとしてぜひお越しいただければ」と同企画・広報担当者。「大人気イベントなので、確実に参加される方の応募をお願いしたい」とも。

 開催時間は10時~15時。参加無料。往復はがきでの申し込みの締め切りは9月18日(消印有効)。到着分から100人を抽選する。インターネットの申し込みはホームページで9月18日10時~受け付ける。インターネットからの申し込みの定員は先着400人(定員になり次第締め切り)。詳細はホームページで確認できる。