拝島・昭島・立川から飯田へ高速バス運行開始-多摩地区から乗り換え無しで長野方面へ

「拝島・昭島・立川-飯田線」使用車両

「拝島・昭島・立川-飯田線」使用車両

  •  
  •  

 シティバス立川(立川市高松町2)は11月22日から、「拝島・昭島・立川-飯田」間の高速バスの運行を開始した。

 多摩エリアから長野県飯田市まで乗り換え無しで行くことができる同路線。同社のほか、京王バス南(府中市)、伊那バス(長野県)の3社で運行する。「従来、新宿-飯田間の高速バスを運行してきた京王バスから多摩地区へのエリア拡大の提案があり実現した」と立川バス運輸部旅客サービス課の西野さん。

[広告]

 運行は毎日往復8便。シティバス立川と伊那バスが運行する立川バス拝島車庫を起点に、昭島駅・立川駅南口を経由して飯田方面に向かう系統と、京王バス南が運行する南大沢駅を起点に立川駅南口を経由して飯田方面へ向かう系統の2系統。

 「ビジネス、観光としての利用はもちろん、これからのシーズンは多摩地区に多くある大学の学生の方に、ぜひ帰省や受験で利用していただければ」

 運賃は、拝島営業所・昭島駅南口・立川駅南口-飯田駅前間=大人片道=3,800円、2枚回数券=6,800円。予約受け付けは乗車日の1カ月前から。予約・発券方法などの詳細はホームページで確認できる。

SmartNews Awards 2019