暮らす・働く

立川で「とある魔術の禁書目録」ショップカードラリー、要望に応え再実施

2014年オリジナルカレンダー

2014年オリジナルカレンダー

  •  
  •  

 立川観光協会が12月16日から、アニメ「とある魔術の禁書目録」のショップカードラリー「とある街中のショップカードラリーR(リターンズ)」を開催している。

今年11月に発行された「立川×アニメMAP」

 「とある魔術の禁書目録」は鎌池和馬さんによるライトノベルシリーズで、今年2月にはアニメ劇場版の公開、4月~9月には「とある科学の超電磁砲S」がテレビ放映された。同作品のシリーズは舞台設定や背景に立川駅周辺が使われており、作中の風景を探しに立川を訪れるファンも多い。

[広告]

 同イベントは、今年11月に開催された秋の楽市でのイベント「とある街中のショップカード収集」を再度実施するもの。「楽市では遠方からの来街者が非常に多く、回りきれないという方も多かった。期間を延ばし、もう一度開いてほしいという声が多数あったため実施することにした」と同協会の高橋さん。

 今回は立川市内の8店舗が協力し、「とある」のアニメイラスト入り店舗名刺(ショップカード)を配布。3枚以上集め、ゴール地点のオリオン書房ノルテ店(立川市曙町2)に持参すると2014年のオリジナルカレンダーが進呈される。ラリーシートは、立川伊勢屋製菓(高松町3)・信濃屋(富士見町2)・菊川園(柴崎町2)の3店舗で配布する。

 同イベントに合わせ、立川のアニメ聖地巡礼スポットを紹介した地図「Anime City Tachikawa2013」(通称「立川×アニメMAP」)を配布するほか、「とある自治体の地域振興クリアファイル『オニ公園』」(500円)などの立川限定グッズも販売する。

 「立川×アニメMAPでは、立川を舞台・背景としたアニメ作品の中から、『The 立川』というポイントをピックアップした。地図で『聖地』の位置などを確認いただき、その画像通りのアングルや時間を合わせて撮影いただくと、より楽しんでいただけるのでは」と高橋さん。「ファンの方にアニメをきっかけに、立川市の文化・名所・名店・特産物などの魅力をより知っていただければ」とも。

 いずれも無くなり次第終了。詳細はホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加