食べる

昭和記念公園に冬季限定の「かき小屋」-広島、東北・石巻から直送

「かき小屋」では、殻つきの新鮮なカキが提供される

「かき小屋」では、殻つきの新鮮なカキが提供される

  •  
  •  

 昭和記念公園(立川市緑町)のバーベキューゾーンに現在、期間限定で「かき小屋」がオープンしている。

 「かき小屋」は、バーベキュー総合サービスを展開する「デジサーフ」(神奈川県藤沢市)と同公園の共催企画。風よけ横断幕付きテントの「かき小屋」内で、広島や東北・石巻直送のカキを炭火で焼いて食べることができる。「焼きかき食べ放題」などのプランのほか、バーベキュー用の食材を多数用意。準備や片付けは全てスタッフが対応するので、手ぶらで焼きガキやバーベキューを楽しめるのが特徴。

[広告]

 「これまで、『バーベキューをもっと身近に、便利に、簡単に』をモットーに事業を展開してきた。バーベキューは行楽の一つとして楽しむだけではなく、コミュニケーションツールとしても活用できる。仕事仲間、家族連れ、ママ友などさまざまな方に利用してもらいたい」と同社の早坂さん。

 「カキは、寒ければ寒いほど身が締まり、濃厚な味わいになる冬ならではの味覚。暖かい小屋の中でぷりぷり熱々のカキを存分に楽しんでほしい」とも。

 営業時間は10時~15時30分。3月30日まで(2月24日・25日は休み)。料金プランなどの詳細は同社ホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加