見る・遊ぶ 暮らす・働く

東小金井駅でチルドレンミュージックバンドの音楽会-親子で楽しめる音楽を

「にしすがも創造舎」の校庭で行われた「芸術家と子どもたち 親子で楽しむぷちライブ」の様子

「にしすがも創造舎」の校庭で行われた「芸術家と子どもたち 親子で楽しむぷちライブ」の様子

  •  

 東小金井駅北口で3月1日、チルドレンミュージックバンド「COINN(コイン)」と「はけの森楽団」のコラボレ-ション音楽会が行われる。

名古屋の「うりんこ劇場」で行われた「こどもハッピーライブ」の様子

 同音楽会は「nonowa(ののわ)東小金井」の開業イベント「ヒガコ 街なか音楽会」の一環。COINNは「子どもも、大人も、赤ちゃんも楽しめる」音楽をモットーに活動する4人組バンド。メンバーは、認可保育園園長でもあるリーダーの齋藤紘良(こうりょう)さん、白岩萬里(ばんり)さん、オロロトリヒロさん、小田晃生(こうせい)さんで、それぞれソロやほかのバンドで活躍する4人が集まり、2009年に結成した。

[広告]

 依頼があれば楽器を持って駆け付け、保育園や幼稚園をはじめ、「ルミネ立川」(立川市曙町2)の屋上で行われた「あおぞらガーデン」や「gallery SEPTIMA」(柏町3)、「小金井アートスポットシャトー2F」(小金井市本町6)など多摩地域でも多く演奏する。

 「子どもとの暮らしに音楽はとても大切。子どもだましのものでは駄目で、本当に子どものため、子どもを中心に置いたものにしなくてはと思う。マットを敷くなど、子どもも一緒に楽しめる環境づくりや、赤ちゃんが泣いても『赤ちゃんの鳴き声は声援だと思っていますよ』と声を掛けるなど、みんなでみんなの子どもを大切にできるような雰囲気づくりをしていきたい。子どもは大人の本気が大好きなので、本気で音楽を愛している姿を子どもたちに届けたい」と、齋藤さんが運営するレーベル「saitocno(サイトクノ)」の齋藤美和さんは思いを語る。

 近隣に住み、1月に「いずみホール」(国分寺市泉町3)で開催された音楽会で初めてCOINNの演奏を聞いたという堀内さんは「音楽も楽しく、お話の内容もとてもすてきでファンになった。1歳半の娘は、毎日ミュージックビデオを繰り返し流して手拍子し、おばあちゃんも一緒にみんなで楽しく聴いている。東小金井での演奏もとても楽しみ」と話す。

 「はけの森楽団」は、「ヒガコ街なかフェスティバル」のためにCOINNメンバーのオロロさんと小田さんを中心に小金井に縁のある6人の音楽家で結成。同2日、21日、22日、23日にも他アーティストとコラボレーションし演奏する。

 オロロさんは「COINNと楽団の演奏は初日でもあるのでドキドキ。自分の住む街でのイベントなので、今後にもつながる良い結果を残したい」と意気込みを見せる。小田さんは「COINNでは5年近く活動している安定感を、楽団では2カ月半のフレッシュさを説明抜きでそれぞれの演奏ににじませられたら。両バンドとも今回初めて聴いてくれる人も多いと思うので楽しみ」と話す。

 開演時間は14時。雨天中止。