見る・遊ぶ 買う

小平市オリジナルのマンホールカード2000枚配布 下水道の日記念イベントでも

小平市マンホールカード

小平市マンホールカード

  • 0

  •  

 「小平市ふれあい下水道館」(小平市上水本町1)は現在、小平市オリジナルのマンホールぶたをあしらった「小平市マンホールカード」を無料配布している。

 ご当地の文化や歴史・名所・名産などがデザインされ、4月に第1弾として全国28都市30種類が発行されたマンホールカード。小平市が参加する第2弾では40都市44種類が参加する。同カードはコレクションカードとして、「地域」「都道府県」「市町村」「デザイン」など自分の好きな集め方を楽しめるように設計されているほか、コレクションに重要な材質・寸法・彩色・文章などシリーズにおける統一感も重視する。

[広告]

 小平市環境部下水道課長寿命化対策担当係長の泉さんは「これをきっかけに来館していただくことで、下水道に興味を持ってほしいと思った」と話す。

 同市の公共下水道は、1991年3月に全国の自治体で13番目に整備が完了。これを記念にして同年に一般公募で決まった同デザインは、東に新宿の高層ビル、西に富士山を仰ぐことのできる、自然に恵まれた閑静な住宅地域をイメージしている。同公共下水道の完成を記念して1995年に開館した「小平市ふれあい下水道館」は、日本で唯一、自由に下水道管の中に入ることができる。

 同カードは9月10日の下水道の日記念イベントでも2000枚配布する(先着順、1人1枚)。泉さんは「ふれあい下水道館に足を運んで、ぜひマンホールカードをゲットしてほしい。同館を見学して、下水道の大切さを学んでいただければ」と呼び掛ける。

 開館は10時~16時。月曜休館(休・祝日の場合は、直近の平日休館)。入館無料。