天気予報

28

19

みん経トピックス

立川駅北側でたこ揚げ結婚式準備アイテム発売へ

立川駅南口にシンガポール料理店 本場の屋台料理を提供

  • 0
立川駅南口にシンガポール料理店 本場の屋台料理を提供

「シンガポールホーカーズ」店内の様子

写真を拡大 地図を拡大

 立川駅南口にシンガポール料理店「シンガポールホーカーズ」(立川市柴崎町2、TEL 042-595-9699)がオープンして4カ月がたった。

シンガポールチキンライス「海南鶏飯(ハイナンジーファン)」

 ホーカーズとは、「屋台、露天商」という意味で、シンガポール名物の一つ。多民族国家のシンガポールには、さまざまな国の料理のホーカーズが並ぶ。

 同店代表の杉原将仁さんは、エスニック料理や屋台料理を学び現地の屋台を食べ歩き、「本場の現地に近い味を提供している」と話す。店舗面積は約15坪。テーブル席、カウンター席、掘りごたつ式の小上がり席など25席を備える。

 「シンガポールはマレー、インド、中国の多民族国家で、味は中華よりなのでマイルドでお子さんにも食べやすい」と杉原さん。人気ランチメニューは、国産胸鶏と鶏肉スープで炊くジャスミンライスを3色のソースで食べる「海南鶏飯(ハイナンジーファン)」(830円)、エビとココナッツベースの麺「ラクサ」(900円)。ディナーメニュ―では、「肉骨茶(バクテー)」(985円)、「チリクラブ」(2,100円)など定番料理をそろえる。現地で愛されている「タイガービール」(620円)も味わえる。

 「シンガポールに住んでいた人や、出張に行くことの多い人たちも、足を運んで来てくれている。身近な食堂のような感じで利用していただければ」と杉原さん。

 営業時間は、11時30分~14時30分、17時30分~23時。月曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング