暮らす・働く

立川に多摩地区初、保育園併設コワーキングスペース レンタルスペースも

オフィススペースの様子

オフィススペースの様子

  •  

 立川駅南口に多摩地区で初となる保育園併設のコワーキングスペース「Cs TACHIKAWA(シーズ立川)」(立川市錦町1)が2月1日、オープンした。運営は「シーズプレイス(CsPLACE)」(錦町1、TEL 042-512-9958)。

 同施設の運営に当たって9月に設立された同社。社長の森林育代さんは「『チャンス』『チャレンジ』『クリエーティブ』『コミュニティー』など『C』で始まるポジティブワードがたくさん集まり、ビジネスの種、まだニーズになっていないシーズが生まれる場所でありたいと名付けた」と話す。「構想から2年、オープンを迎え感無量だが、ここからがスタート。できるだけ多くの方にCsを活用していただき、さまざまな可能性が生まれる場づくりをしていきたい」と意欲を見せる。

[広告]

 1フロアに女性専用のオフィススペース(48.88平方メートル)と男性も利用できるレンタルスペース3室(つなげての利用可、計42.32平方メートル)、保育園スペース(60.91平方メートル)の5室が入る。

 同施設の利用には会員登録と年会費1,200円(登録月から1年間有効)が必要。オフィスとバーチャルオフィス(月契約)の利用には初期登録料(契約内容の1カ月分)が別途必要になる。オフィスは24席(うち固定4席)を備え、フリーアドレスで月1万9,800円~。「ドロップイン(1日利用)」は託児なしで1回2,000円。レンタルスペースは1時間1室1,500円(以上、全て税別)で、3部屋をつなげた場合、セミナー形式で50人収容可能。

 レンタルスペース登録者からは「公共施設では営利を伴う教室が開催できなかったので、とてもうれしい」「フラを開催したい」などの声が寄せられているという。オープン当日にオフィスと託児を利用した「ビーキャリアコンサルティング」代表の大神賀世子さんは「仕事と子ども、それぞれが気になり、いつも焦りを感じる生活で悪循環のスパイラルに入っていた。初めて利用し想像をはるかに上回る作業効率に驚いた。『生産性の向上』とはまさにこのこと。セミナールームも充実しているので久しぶりにセミナーを開催したい」と感想を寄せる。

 同施設内の「みらいのたね保育園」は有資格者が保育を行う認可外保育園(0~2歳)で、施設利用者以外の預かりや一時預かりも行う。定員は19人を予定。現在、「企業主導型保育所」として申請中。

 現在、クラウドファンディングサイト「FAAVO東京多摩中央」でオフィスや保育で必要な備品などの資金支援を呼び掛けている。目標額は150万円。オフィスのドロップインや保育に使える特典などのリターンを用意する。

 利用時間はオフィス・レンタルスペース=平日10時~22時(入室は20時まで)、オフィス契約者託児時間=平日10時~15時(時間外も別料金で預かり可)、保育園開園時間=平日7時30分~18時30分。