天気予報

33

26

みん経トピックス

ルミネ立川で「タマパ」国立に農家レストラン

立川に「タチヒビーチ」 立飛駅前に砂浜が出現、バーベキューも

立川に「タチヒビーチ」 立飛駅前に砂浜が出現、バーベキューも

4月28日に開かれた内覧会で砂浜を案内する清水国明さん

写真を拡大 地図を拡大

 多摩モノレール・立飛駅前に4月29日、ビーチスポーツや砂遊び、バーベキューなどが楽しめる新施設「TACHIHI BEACH(タチヒビーチ)」(立川市泉町)がプレオープンした。

 同施設はタレントの清水国明さんが代表を務める「ソトイク」(山梨県富士河口湖町)と「立飛ホールディングス」(立川市栄町6)の共同事業で、運営はソトイク。同施設開設のアイデアは清水さんによるものだという。

 清水さんは自身が運営する河口湖の施設や瀬戸内海の無人島から、立飛ホールディングスが立川駅北側に所有する「みどり地区」へ除草作業に当たるヤギを「出向」させており、その縁から地域のにぎわい創出について相談を受けたという。清水さんは「相談を頂いて、立川には海がないので、作るならビーチだと思った。私は無人島に行くとはだしで砂浜を歩くことがあるがすごく気持ちがいい。その気持ちよさを味わってほしいと思った」と振り返る。

 敷地面積は約6400平方メートル。敷地の約半分にビーチスポーツや砂遊びができる人工の砂浜を整備し、タヒチの海辺の風景看板やヤシの木で南国の雰囲気を演出。サンシェードを設置したウッドデッキも備える。

 バーベキューサイトは50サイト用意。1サイト当たり6人程度利用可能で、利用料は1人1,500円。飲み放題(2時間30分、2,500円)を付けることもできる。プレオープン期間中、食材は持ち込み制だが、「ららぽーと立川立飛」(泉町)内のスーパーマーケット「ブルーミングブルーミー」で食材を3,000円以上購入しレシートを提示すると、同ビーチ内の売店などで利用できる割引券を進呈する(大人=500円、子ども=250円、1組6人分まで)。ビール(700円)、ハイボール、トロピカルドリンク(以上600円)、ホットドッグ(300円)などを販売するキッチンカーの営業も行う。

 グランドオープンは7月17日の「海の日」を予定。同オープンまでにフラダンスやライブイベントなどのできるステージや3on3のバスケットコート、シャワー、ロッカーなどを整備するほか、ビーチベッドやパラソルなどの貸し出しも始める予定。

 営業時間は10時~22時。バーベキューサイトは10時~15時、16時~22時の2部制。申し込みは電話(TEL 03-5765-5825、受付時間10時~18時)、メールで受け付ける。

グローバルフォトニュース