立川で「格闘技フェスタ」 立川初のプロレス団体旗揚げ

ケージ(金網)を備える格闘技会場「立川コロッセオ」で、以前行われた試合の様子

ケージ(金網)を備える格闘技会場「立川コロッセオ」で、以前行われた試合の様子

  • 36

  •  

 立川駅北口のケージ(金網)常設格闘技会場「立川コロッセオ」(立川市曙町2)で6月17日・18日、「立川格闘技フェスタ2017夏の陣~立川乃風~」が開かれる。主催は格闘技団体「キングダムエルガイツ」(多摩市)。

 同団体のホームリング「立川コロッセオ」で開かれる同イベント。立川初のプロレス団体「立川レスリングフォース(TWF)」の旗揚げ戦が開かれる。「TWF」の設立について代表の入江秀忠さんは、「当団体のルーツはプロレス団体『UWF』。立川市にまだプロレス団体がなかったこともあり、立川の地から、プロレスリングを通して元気の風を吹かすことを目指し設立した」と話す。

[広告]

 6月17日は「OPENING-ACT」と題し、翌18日に行われる「TWF」の旗揚げ戦の検証マッチや本戦解説、大会公式ソングの発表などを行う。

 18日には3大会を実施する。「昼の宴」(12時30分~)と「夜の宴」(16時30分~)の興行は、金網ボクシング、和式キックボクシング、ケージ柔術、総合格闘技の4種目。各回前半はアマチュア戦、後半にプロの試合を用意する。「夜の宴」のメインカードとして、「現役プロシュータ―対決」と題し、新井丈さんと牧ヶ谷篤さんが一戦を交える。

 19時30分からは、メインイベントとなる「TWF」の旗揚げ戦を開催。男子2戦、女子1戦の3試合で、メインカードは超人イリエマンさんと元K-1選手・内田ノボルさんとの一戦。TWF所属の女子選手「戦うレースクイーン」Rikoさんのデビュー戦も行われる。

 「今回は地元立川出身の選手も多く出場する。ぜひ応援いただければ」と入江さん。

 開催時間は、17日=19時~、18日=昼の宴12時30分~、夜の宴16時30分~、TWF旗揚げ戦19時30分~。前売りチケット料金は、17日=3,000円(2ドリンク付き)、18日=SRS席1万円、RS席7,000円、自由席5,000円(別途ドリンク代500円)など。当日券は各500円増し。チケットぴあ、立川コロッセオで販売する。

  • はてなブックマークに追加