天気予報

12

3

みん経トピックス

国分寺で北村さゆり挿画展立川で食と手作りイベント

立川で小学生がフェスティバル 職業体験の成果披露

立川で小学生がフェスティバル 職業体験の成果披露

ジャーナリスト・カメラマンの職業体験の様子

写真を拡大 地図を拡大

 立川駅北口のサンサンロード(都市軸)で9月17日、イベント「子供たちが夢へつなぐフェスティバル」が開催される。

 立川青年会議所と立川市との共催事業「キッズドリームチャレンジ」の一環で開く同イベント。「キッズドリームチャレンジ」は子どもたちの自己肯定感、地域愛を育むことを目的に2014年に始まった事業で、行政・学校・地域企業などと連携し、小学生が職業体験を通し仕事の楽しさや厳しさを学び、その成果を発表する。4年目となる今回は、昨年に引き続き子どもたちの手でフェスティバルを運営する。

 今年は立川市、国立市、武蔵村山市の小学4年生~6年生150人が参加。職業体験前の全体学習会で、「和の心」をテーマに、マナー講師によるあいさつの仕方や礼儀作法のレクチャー、「グローバリズム」をテーマに国連の掲げる SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ機会を設けたほか、職業体験では、ダンサー、スタイリスト、キッチンスタッフ、銀行員、消防官など10業種の中から希望の仕事を一つ選び、7月~9月に3~5回設けられた活動日の中で、プロの指導・支援を得ながら技術や知識を学習。同イベントに向けて準備を進めてきた。

 当日はファッションショーやダンスショーなどを開くほか、飲食などのブースも出店。司会や音響、お金の管理、警備など当日の進行・運営なども子どもたちが手掛ける。

 「職業体験では初めてなことや初めての友達など、最初は緊張する場面もあったが、受け入れ企業の方に楽しく、時には厳しく指導していただき、回数を重ねる中、各チームとも本番に向けて一致団結してきている」と同会議所未来へつなぐ委員会の畠山亮昌委員長。「子どもたちの職業体験の集大成。結束した力を見にきていただければ」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~14時30分。14時30分~16時に報告会を開く。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング