天気予報

10

2

みん経トピックス

国立で小学生向け忍者体験ラーメンスクエア新規3店舗

「ファーレ立川アートミュージアム・デー」開催へ ワークショップやガイドツアーも

「ファーレ立川アートミュージアム・デー」開催へ ワークショップやガイドツアーも

アートガイドツアーの様子

写真を拡大

 立川駅北口のファーレ立川地区で10月10日から、「ファーレ立川アートミュージアム・デー2017 秋」が開催される。主催はファーレ立川アート管理委員会。

 ファーレ立川アートは、世界36カ国92人のアーティストによるパブリックアート作品群。JR立川駅北口周辺の米軍基地跡地再開発で生まれたファーレ立川地区に109点の作品が点在する。同イベントでは同街区を美術館に見立て、さまざまなプログラムを展開する。

 10月10日~15日には、立川高島屋(立川市曙町2)北側の赤い植木鉢前と立川市女性総合センターアイム(同)のギャラリーで、同アート参加作家の牛島達治さんによるインスタレーションを展開。乗り物や自然エネルギーで動くさまざまな作品を展示するほか、14日・15日には赤い植木鉢前で、大人も子どもも楽しめる乗り物を使ったワークショップを開く(参加無料、当日申し込み)。期間中、同ギャラリーでは、ファーレ立川アートを題材にした「ファーレ立川アート写真コンテスト」の受賞作品の展示も行う。

 ボランティアグループ・ファーレ倶楽部(くらぶ)によるアートガイドツアーでは、同アートの誕生日に当たる10月13日に「オープン記念ツアー」と題し、180分で全109作品を紹介する特別ツアーを開催。14日・15日には40分で主要作品を巡る「セレクトツアー」を行う(参加無料、当日申し込み)。

 14日・15日には、サンサンロードにクラフトアートなどのマーケットやオープンカフェが出現し、同イベントを盛り上げるほか、オリジナルカレンダー(各日先着100人)や、アプリ「ファーレ立川アートナビ」を提示するとオリジナルグッズを進呈する企画なども用意する。

 パレスホテル立川(曙町2)と伊勢丹立川店(同)では期間限定で、アート作品をモチーフにしたスイーツの提供も(販売期間・数は店舗により異なる)。

 同委員会担当者は「見慣れたいつもの街区が期間限定で美術館のようになる。芸術の秋を五感で楽しんでいただければ」と来場を呼び掛ける。

 開催時間はイベントにより異なる。

グローバルフォトニュース