見る・遊ぶ

国立で「LINKくにたち」 大学通りでリレーマラソンやスポーツ体験

昨年の様子

昨年の様子

  •  

 国立駅南口の大学通りで5月13日、スポーツイベント「LINKくにたち2018」が開催される。

 国立市を代表するメインストリート「大学通り」で市民が協力してさまざまなチャレンジをすることで、連帯感や達成感を共有し、つながりを強めることを目指す同イベントは今年で4回目の開催。昨年は約7000人が来場した。

[広告]

 当日は、大学通りを歩行者天国として開放。同通りに用意した特設コースでは、毎年恒例となった3時間耐久リレーマラソン(エントリー受け付けは終了)を開催。オープニングイベントでシンガーソングランナー・大地穂さんがミニライブを行うほか、元メジャーリーガー城島健司さん公認のそっくりタレント・ジョージマン北さんが米10キロを担いで同マラソンに挑戦する。

 ステージでは、ラジオ体操やダンスパフォーマンス、「くにニャンダンス」のコンテストなどを展開。ふれあいスポーツ広場エリアには、ウエートリフティングやラグビーなどのスポーツや、パラリンピック種目が体験できるコーナーを用意するほか、トランポリン体験やバルーンアートなど子どもが楽しめるプログラムもそろえる。大学通りではノルディックウオーキングやポールウオーキングに挑戦できる「ポールdeウォーク体験会」も行う。一橋大学正門北側緑地帯付近では、くにたち野菜の即売会や、飲食や物販など市内の店舗・企業など約25店が出店する「もぐもぐゾーン」も。

 今年で3回目となる「わんぱく相撲国立場所」も同時開催される。

 国立市まちの振興課の菅原さんは「当日は家族で一緒に楽しめるスポーツイベントが盛りだくさんとなっている。歩行者天国になった大学通りを存分に満喫できる企画を準備しているので、楽しんでいただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は9時30分~16時。JR国立駅南口ロータリーから桐朋学園交差点までの区間が通行止めとなる。