食べる

ららぽーと立川立飛にフレンチトースト専門店「アイボリッシュ」 ファミリー層に合わせ

「Ivorish(アイボリッシュ)立川」

「Ivorish(アイボリッシュ)立川」

  •  

 三井ショッピングパーク ららぽーと立川立飛(立川市泉町)に6月6日、フレンチトースト専門店「Ivorish(アイボリッシュ)立川」がオープンした。経営は九十九島グループ(本社=長崎県佐世保市)。

 店名の「Ivorish(アイボリッシュ)」は、フレンチトーストの色の「Ivory(アイボリー)」と英語で「愛情を込めて大事にする」という意味の「Cherish(チェリッシュ)」を掛け合わせた造語。立川店が5店舗目の展開となる。

[広告]

 店舗面積は約98平方メートル。店内は3面をガラス張りにして採光を大きく取っている。晴れた日にはテラス席での食事もできる。同店はファミリー層の多い地域性に合わせ、カウンターで先に注文・支払いをし、ベルが鳴ったら受取りに行く「キャッシュオンデリバリー」の新しいスタイルで展開。料理のサイズも他店舗と異なり、ワンサイズでより分かりやすくしているという。

 主なメニューは、オリジナルの専用パンを使ったフレンチトーストにクリームチーズをサンドし、ブルーベリーソースと新鮮なフルーツをトッピングした「ベリーDX」(1,500円)、砂糖を使わず、代わりにチーズを配合したアパレイユを使用した甘くない食事系の「エッグベネディクト」(1,400円)など。プレミアムフレンチトーストをカットして、ソフトクリームを絞り、ブルーベリーソースで飾った「French Toastミルクソフト」(600円)は幅広い層に人気という。(価格は全て税別)。

 現在オープニングイベントとして、フレンチトースト1皿の注文につき、次回の来店時に利用できる「Buy 1 Freeチケット」を配布している。6月17日まで。

 「独自に開発したこだわりパンを使った家庭ではまねできない、専門店ならではのおいしさと新しいスタイルのIvorishをお楽しみいただければ」と担当者。

 営業時間は10時~21時。