見る・遊ぶ 学ぶ・知る

昭和記念公園で恒例の「出初め式」 一斉放水や体験ゾーンも

昨年のポンプ車からの一斉放水ー虹がかかる

昨年のポンプ車からの一斉放水ー虹がかかる

  •  
  •  

 国営昭和記念公園みどりの文化ゾーン(立川市緑町)で1月12日、毎年恒例の「立川市消防出初め式」が行われる。

昨年の様子

 立川市消防団をはじめとする消防関係者が一堂に会し、決意を新たにその勇姿を披露するイベント。昨年は約1300人の来場があった。

[広告]

 当日は、ポンプ車及び徒列部隊行進で始まり、立川市吹奏楽団が演奏を披露するほか、消防団各分団所有の消防ポンプ車から迫力ある一斉放水が行われる。昨年は天候が良く、一斉放水の際に会場に虹が架かったという。

 初期消火体験、煙体験、起震車乗車体験や、はしご車やポンプ車、白バイの展示もあり、家族連れで防災意識の向上を高める防災体験ゾーンも用意する。

 立川市防災課防災係の川上さんは「煙体験や初期消火体験、起震車乗車体験などの体験もでき、立川市のキャラクター「くるりん」も登場するので、ぜひ会場にお越しいただければ」と来場を呼び掛ける。

 式典開催時間は10時30分~12時。体験ブースは9時~12時。入場無料。荒天時は、立川防災館3階(立川市泉町)にて式典のみ実施。