見る・遊ぶ

立川の住宅展示場で「あったかフェス」 地元の子育て支援団体と協働

ストライダージャパンのアドベンチャーゾーン

ストライダージャパンのアドベンチャーゾーン

  •  
  •  

 立川の住宅展示場「ABCハウジング ハウジングワールド立川」(立川市泉町)で1月18日、「あったかフェスティバル」が開催される。

ハーバリウムのアルコールランプ作りワークショップ

 54棟のモデルハウスがある都内最大級の同展示場と立川市の子育て支援団体「ワッカチッタ」が協働し、子ども連れのファミリーと地域の方が楽しめるフェスティバルとして開く。

[広告]

 同展示場は、より地域のプレーヤーと密着したイベントを開催していきたいと、立川市で活動している子育て支援団体に声を掛け、今までに夏に親子フェスティバル、秋にハロウィーンイベントを開催。今冬3回目の協働イベントとなる。

 同展示場のイベント企画担当者は「地元の子育て支援団体と協働することにより育児中の女性の社会参加に貢献し、立川の魅力的な店やクリエーターが盛り上がる地域貢献となるようなイベントを、今後も一緒にプロデュースしていきたい」と話す。

 今回のイベントは、出掛けるのが億劫になる冬の時期に、子どもも大人も体を動かしたり、温かいフードを食べたり、外に出かけたりして「あったか」を体験してもらおうと企画した。子どもにはストライダー教室・試乗体験会、親子でマッスルエクササイズ、ハーバリウムのアルコールランプ作り、焼き芋の無料配布などを用意。併せて、地元野菜や温かいフードも販売する。

 イベントを企画したワッカチッタの石橋さんは「クリスマスプレゼントやお年玉でストライダーを購入したお子さまも多いはず。ストライダーの安全な乗り方の指導から公園などでは体験できないガタガタロードやジグザグコースを走れるのも魅力。ストライダーは持参しなくても大丈夫なので、初めてストライダーに乗る子どもにも気軽に遊びに来てほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~16時。参加無料。ストライダー教室は事前予約優先(ワッカチッタのホームページから申し込む)。