食べる 買う 暮らす・働く

立川の飲食店のテークアウト・デリバリーを応援「#立川エール飯」

ホームページからポスターやカードのデータがダウンロードできる

ホームページからポスターやカードのデータがダウンロードできる

  • 99

  •  

 立川市と立川市商店街連合会が、立川の飲食店のテークアウトやデリバリーを利用し「#(ハッシュタグ)立川エール飯」をつけてSNSに写真を投稿することを応援する活動を始めた。

 新型コロナウイルスの感染拡大により外出自粛要請が出されている中、地元の飲食店を応援する方法はないかと検討し、同市と同会が協働で運営し立川の個店を紹介するホームページ「たらった立川」の中に、「おうちでできる立川の食、盛り上げプロジェクト #立川エール飯」の特設サイトを立ち上げた。

[広告]

 準備を進める中で、参考にしていた大分県別府市のテークアウトを行う飲食店を応援する「#別府エール飯」の取り組みが全国的に広がっており、立川においても、さまざまなメディアや市民がすでに「#立川エール飯」と付けてSNSで発信し始めていたため、これらの動きと歩調を合わせることにした。

 ホームページでは、「#立川エール飯」を付けてSNS投稿をすることを利用者に呼び掛けるだけでなく、テークアウトやデリバリーと同活動の告知ができるA4ポスターや客に配布するカードをオリジナルデザインで作成し、データをダウンロードできるようにするなどの飲食店を支援する活動も。併せて、テークアウト&デリバリーができる店の地図も掲載している。

 立川市産業観光課長、奥野武司さんは「立川市内の飲食店でテークアウトやデリバリーを利用し、料理などの写真や記事に『#立川エール飯』を付けて、そのおいしさや店の情報を投稿し、個人のSNSでぜひ発信を。飲食店の方も、テークアウトやデリバリーのサービスを行っている商品やメニュー等を写真に撮り、『#立川エール飯』を付けてSNSに投稿して一緒に盛り上げていただければ」と活動への参加を呼び掛ける。