3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

国立駅東側高架下に「nonowa国立」-2015年春開業へ

北口広場からの外観イメージ

北口広場からの外観イメージ

  • 0

  •  

 JR東日本八王子支社(八王子市)とJR中央ラインモール(小金井市本町1)は4月24日、国立駅東側高架下で計画を進める「nonowa(ののわ)国立」(国立市北1)第1期(東側)の概要を発表した。

駅を挟んで東西に商業施設「nonowa 国立」を開業予定

 同施設は、JR東日本グループが三鷹~立川間において「緑×人×街 つながる」をコンセプトに推進する「中央ラインモールプロジェクト」の一環。これまでに、商業施設「nonowa西国分寺」(国分寺市西恋ヶ窪2)、「nonowa武蔵境」(武蔵野市)、「nonowa東小金井」(小金井市梶野町5)の3施設が開業している。

[広告]

 国立では、駅を挟んで東西に商業施設「nonowa 国立」を開業予定。国立の街の持つ「ゆとり」「知性」といったイメージを大切にした「居心地の良い施設」を目指し、回遊歩行空間の整備や高架下エリア・周辺地域への回遊性の向上を図っていく。運営はJR中央ラインモール。

 第1期として 2015 年春に開業を予定する東側部分は、施設延べ床面積=約1,700平方メートル、店舗面積=約1,000平方メートル。日用雑貨、服飾雑貨、ブックストア、カフェ、ベーカリーなどの出店を想定しており、店舗数は未定。

 また、5 月1 日からはJR中央ラインモールが国立駅の運営も行い、「nonowa 国立」開業後は駅と商業施設が一体となった運営を行っていく。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home