暮らす・働く

立川に「とある」自動販売機-「ヤシの実&パインサイダー」も限定販売

高柳商店に設置された「神裂火織&ステイル」の自販機

高柳商店に設置された「神裂火織&ステイル」の自販機

  • 0

  •  

 立川駅周辺各所に4月29日、アニメ「とある魔術の禁書目録」シリーズのキャラクターが描かれた自動販売機が設置された。同自販機では、作中でヒロイン・御坂美琴が愛飲する「ヤシの実サイダー」をイメージして開発された「ヤシの実&パインサイダー」を限定販売する。

 「とある魔術の禁書目録」は鎌池和馬さんによるライトノベルシリーズ。同シリーズのアニメ作品で、舞台設定や背景に立川駅周辺が使われていることから、作中の風景を探しに立川を訪れるファンも多い。

[広告]

 立川観光協会では、同作をきっかけにアニメによるまちづくり事業を開始。「とある自治体の地域振興」と題し、「とある」ファンに向けたイベントなどを定期的に実施してきた。今回、「とある」シリーズ出版元のKADOKAWA(千代田区)、自販機設置事業者のユカ(目黒区)、飲料メーカーのトーヨービバレッジ(渋谷区)の協力により、同自販機と飲料の開発・設置が実現。同協会では、イベント時だけではなく、日常的に「とある」シリーズのキャラクターや作品と接することができる環境が整ったことで、より多くのファンの立川への来訪を期待する。

 今回設置された自販機のデザインは5種類。「御坂美琴&白井黒子」「上条当麻&インデックス」などそれぞれ異なるキャラクターが描かれる。設置場所は、現在、立川伊勢屋製菓(立川市高松町3)、高柳商店(曙町2)、浅見酒店(富士見町1)、HMV立川店(曙町2)、立川まんがパーク(錦町3)の5カ所。今後、設置場所を増やしていく予定だという。

 「ヤシの実&パインサイダー」は、ヒロイン・御坂美琴が愛飲する「ヤシの実サイダー」を「飲んでみたい」というファンからの声に応え製品化したもの。ヤシの実パウダーにパイン果汁とほのかなヨーグルト風味を加え、「ヤシの実のフレイバーを生かしながら、飲みやすく爽快感の得られる味を目指した」という。缶のデザインは作中に登場する「ヤシの実サイダー」とほぼ同じで、裏面デザインには、黒子と初春がヤシの実サイダーを持つ立川限定の描き下ろしイラストを使用。当面は同自販機のみで販売予定。350ミリリットル。

 「自販機の絵柄は5種類あるので、ぜひ街を巡ってみてほしい。この作品を通して、立川のことを知っていただければ」と同協会の芝田さん。

 設置場所などの詳細はホームページで確認できる。