立川にカフェ併設型ソーシャルアパートメント-表参道の有名ベーカリーとコラボ

1階に併設するベーカリーカフェ「NEIGHBORS BRUNCH with パンとエスプレッソと」外観イメージ

1階に併設するベーカリーカフェ「NEIGHBORS BRUNCH with パンとエスプレッソと」外観イメージ

  • 0

  •  

 立川市錦町のカフェを併設するソーシャルアパートメント「NEIGHBORS 立川」(立川市錦町1)で8月30日・31日、完成前内覧会が行われる。

[広告]

 運営は、首都圏を中心に住人間の自発的なコミュニティー形成を促進させる仕組みを持った共同住宅「ソーシャルアパートメント」の企画・開発・運営などを手掛けるグローバルエージェンツ(渋谷区)。同社が運営するカフェ併設型のソーシャルアパートメントとしては、昨年9月にオープンした「WORLD NEIGHBORS 護国寺」(文京区)に続く2番目の物件となる。「弊社では、21世紀型コンセプトマンションとしてソーシャルアパートメントの展開を行っているが、カフェ併設型は、中でも特に新しい取り組み。現在、再開発や大型店舗の新規出店が相次ぐ立川エリアは、新しい価値の提案の場所として魅力的だった」と同社広報担当者。

 築20年のマンションをソーシャルアパートメントとしてリノベーションした同物件。鉄筋コンクリート造りの7階建てで戸数は72戸。間取りは1BRが中心で、賃料は6万2,000円~7万2,000円。賃料に、同アパート1階に併設するベーカリーカフェ「NEIGHBORS BRUNCH with パンとエスプレッソと」の12,000円分の利用料が含まれており、同店で自由にパンやコーヒーなどを楽しむことができる。

 同カフェでは、全国のパン10選にも選ばれた表参道の有名店「パンとエスプレッソと」(渋谷区)と提携し、同店監修のもと、看板商品である「ムー」をはじめとした人気のパンを提供する。「ちょっとした日常のぜいたくを演出するカフェとしての利用はもちろん、パン屋として日常的に利用いただける店舗を目指す」という。同カフェのオープンは10月を予定する。

 「内覧会で、ぜひ『暮らしの中にあるカフェ』という新しいライフスタイルを体感いただきたい。同物件に住むことで新たな発見や体験をしたいと思っている方に入居いただけたら」と同社広報担当者。

 内覧会は両日とも11時~。各回先着20人。完成前内覧会から募集を開始する。入居日は9月20日を予定。内覧会の申し込み方法など詳細はホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース