多摩モノレール立飛駅、「(仮称)ららぽーと立川立飛」開発に合わせ改修工事進む

立飛駅新設改札口の完成イメージ

立飛駅新設改札口の完成イメージ

  •  
  •  

 多摩都市モノレールは現在、駅周辺の大型商業施設などの開発に合わせて立飛駅の大規模改修工事を進めている。

立飛駅コンコース階の平面図

 同駅周辺では「(仮称)ららぽーと立川立飛」の建設が進んでおり、同施設は2015年秋に完成の予定。

[広告]

 同駅の工事ではコンコースを改修し、南側に改札口を新設。南側の出口は整備予定の東西横断ブリッジと接続し、周辺開発エリアへアクセスしやすくなる。コンコースとホームを結ぶ階段とエスカレーターを増設し乗降の混雑緩和を図る。この増設により、各ホームで上り下りそれぞれエスカレーターを利用できるようになる。コンコースの改修に合わせてトイレを移設。トイレはバリアフリー機能を向上させるほか、ホーム、コンコース、通路の全ての照明を LED に更新し省エネ化を図る。

 改修工事のためコンコースの一部を閉鎖することに伴い、現在、男女トイレは使用停止に、だれでもトイレは2月末頃に使用停止になる予定。工事完成までは臨時トイレを設置する。

 工事の完了は2015年秋を予定している。

  • はてなブックマークに追加