食べる 暮らす・働く

西武線・玉川上水駅に商業新エリア-ロータリー前の遊休地活用で

外観イメージ

外観イメージ

  •  
  •  

 西武プロパティーズ(埼玉県所沢市)が1月22日、西武鉄道拝島線・玉川上水駅ロータリー前(立川市幸町6)に商業エリアをオープンした。新店は、「矢場cafeバル」「ファミリーマート」「東大和市ふれあい広場」の3店。

 同施設は、ロータリー前の遊休地を活用したもので、西武グループが同グループ中期事業計画において目指す「グループ保有不動産の有効活用による、潜在的な収益力の顕在化」の具体的施策の一環。同社開発事業部の飯田美絵子さんは「玉川上水という自然環境や既存の桜の木を生かし、周辺の環境と調和した施設づくりを目指した」と話す。

[広告]

 今回、首都圏初出店となる「矢場cafeバル」は、おにぎりとコーヒーをメーンにした喫茶店として2011 年にオープンした名古屋発のセルフカフェ「やば珈琲」の都市型店舗。カフェとしての利用だけでなく、バルとして食事会なども楽しむことができる。2本の桜の木の間に設置したテラス席では「気候の良い時には、自然の風を感じながら開放的な空間でゆっくりと食事を楽しんでいただける」と飯田さん。

 メニューは、「日替わり珈琲」(280円~)、「モーニングセット」(200円~)、「ジャーサラダモーニング」(390円+ドリンク代金)、「フレンチお野菜ランチ」(880円)、「お肉ランチ」(1,080円)などのカフェメニューのほか、ディナーでは、「矢場スタイル ロッシーニ トリュフソース」(数量限定、1,350円)、「真鯛と牡蠣のフローレンス風グラタン」(1,030円)といったフランス料理や、グラスワイン(500円~)、ボトルワイン(2,500円~)の提供も(ディナーはチャージ料300円。価格は全て税別)。席数は80席(テラス席除く)。営業時間は、7時~23時。

 「東大和市ふれあい広場」では、東大和市の市政情報をはじめ、観光案内や生活情報など同市に関連する情報発信を中心に展開していく。3月1日までは、同市の指定文化財「旧日立航空機変電所」のパネル展を開催する(22日は10時~)。営業時間は12時~18時。

 「ファミリーマート」は、店舗内にイートインコーナーを設ける。

 飯田さんは「近隣在住の方や玉川上水駅を通勤・通学に利用する方など、多くの方に気軽にご利用いただければ」と呼び掛ける。

  • はてなブックマークに追加