東小金井で「朝カフェの会」-年齢、職業もさまざま、ゆるく交流

今年1月の「朝カフェの会」には14人の参加があった

今年1月の「朝カフェの会」には14人の参加があった

  •  

 nonowa東小金井(小金井市梶野町5)1階のカフェ「ル・パン・コティディアン 東小金井店」で現在、「朝カフェの会」を行っている。

 朝、喫茶店に集まった客同士で、テーマを設けず自由に会話をしたり、情報交換を行ったりしてゆるい交流を楽しむ同会。参加費は各自の飲食代のみ。事前申し込みは必要なく、途中参加・途中退出も自由。当日、会場の机の上に立てた青い旗を目印に集まる。現在は、北海道から九州まで全国各地で開かれているという。

[広告]

 昨年5月からスタートした同店での朝カフェの会は、毎月第3水曜の8時30分~10時に開く。主催する阿部裕子さんは「東小金井という街をより多くの人に知ってほしかったこと、自分が住む街で楽しいコミュニティをつくりたいと思ったことからやってみようと思った」と話す。

 参加人数は毎回10人~15人。年齢層は20代から50代くらいまでと幅広く、職業も大学生や自営業、主婦、会社員などさまざま。居住地も小金井市を中心に多摩地区、世田谷からくる人もいるという。「朝カフェにくる方たちは皆さんポジティブでエネルギッシュな方ばかり。そんな方たちとおしゃべりをすることで、視野も広がり、より楽しく充実した朝時間を過ごすことができる」と阿部さん。

 「始めてみて、一番よかったのは朝カフェ仲間がたくさんできたこと。人の輪がどんどん広がっていくので、これからも楽しく無理なく続けていきたい。朝カフェの会を続けることができるのは、参加してくださる皆さまと、協力してくださる店のおかげ。どんな方にも居心地がいいと思ってもらえるような会にしていきたい」と意欲を見せる。

 「今後は立川でも不定期で開催予定」と話す阿部さん。「朝カフェの会は、会場や主催者によっても雰囲気が変わるのが面白い所。帰りに、街をぶらぶらと歩いたり、グルメを楽しんだりするのもおすすめ。同会で人との出会いや、いつもと違った風景を楽しんでいただけたら」と参加を呼び掛ける。

 開催場所や日程は、「朝カフェの会」ホームページで確認できる。