「ヤッターマン」メガネ限定販売-キャラクターの個性をデザインに

オリジナルグッズがヤッターマンファンに人気

オリジナルグッズがヤッターマンファンに人気

  •  
  •  

 タツノコプロ(国分寺市南町)は昨年12月より、同社の人気作「ヤッターマン」をモデルにした「ヤッターマンアイウエア」を、メガネ販売のアルク(本社=静岡市)とのコラボレーションで限定発売している。 

 1月14日から始まったヤッターマンシリーズのテレビ放送開始に合わせて発売されたもので、登場人物のドロンジョ、ボヤッキー、トンズラーのキャラクターを生かしたデザインが特徴。「おしおきだべ~」は、ドロンジョの女王様的なイメージを表現したシャープなフォックス型、「ポチッとな」は、ボヤッキーの計算高いがツメのあまい愛らしさを表現したシャープなオーバル型、「アラホラサッサ~」は、トンズラーの気が優しくて力持ちなところを表現したボリューム感のあるスクエア型になっている。

[広告]

 それぞれメタルフレームとセルフレームの2種類で、各4色の計24バリエーションをそろえる。レンズ付きメガネ本体のほかに、イラスト入り回転メガネケース、メガネふき、「おだてブタ」メガネ立てなどのオリジナルグッズが付き、価格は12,000円。限定3,900セットを用意する。

 アルクはメガネ販売のメガネトップ(本社=静岡市)のグループ店舗で、「着替えるメガネ」をコンセプトに5,250円、8,400円、12,600円の3プライスを用意。毎月約50~60型の新作を投入し、「いつでも新しいメガネと出会える」(同社)メガネショップとして全国展開している。

 同店では「テレビでの放送が始まり、話題性や人気の面で、新規顧客の開拓が期待できるのでは」と話している。

タツノコプロ「ヤッターマン」コラボ携帯電話、ソフトバンクが発売へ(立川経済新聞)タツノコプロ「ヤッターマン」復活-世界観そのままにエピソード一新(立川経済新聞)タツノコプロalook

  • はてなブックマークに追加