食べる

昭和記念公園で「朝食フェス」開催へ 世界20カ国の朝ごはん集結

クロワッサン生地をマフィン型に入れて焼き、中にカスタードクリームなどを詰めた「クラフィン」

クロワッサン生地をマフィン型に入れて焼き、中にカスタードクリームなどを詰めた「クラフィン」

  • 0

  •  

 昭和記念公園(立川市緑町)みどりの文化ゾーンで9月8日から17日までの10日間にわたり、世界の朝食が一同に集結する「~世界の朝ごはん~ 朝食フェス2015」が開催される。企画制作する「ベクトル」(港区)が5月26日、発表した。

 「上質な朝のライフスタイル」をテーマにした同イベント。昨年開催された「ヨガフェスタ横浜2014」のフードエリアで実施した「世界の朝ごはん~World Breakfast~」では、3日間で延べ約2万人を動員した。「海外グルメの上陸など一層盛り上がりを見せる朝食ブーム」を受け、今回初めて単独フェスイベントとして実施するという。来場者数は10万人を見込む。

[広告]

 期間中は約60店舗が出店を予定。日本初上陸となるクロワッサン生地をマフィン型に入れて焼き、中にカスタードクリームなどを詰めた「クラフィン」、クロワッサン生地をワッフル型で焼き上げた「クリス クロワッサン」、カリフォルニアロールをクロワッサン生地で巻き込み焼き上げた「カリフォルニア クロワッサン」が登場。福岡発のフレンチトースト専門店「Ivorish(アイボリッシュ)」や卵料理を提供する「eggcellent(エッグセレント)」、ハワイ・オアフ島カイルア地区の30年続く老舗レストランで、パンケーキやエッグベネディクトで有名な「Cinnamon's Restaurant(シナモンズ レストラン)」といった人気店の出店も予定し、世界20カ国の朝食を楽しむことができる。

 会場内には「イベントステージエリア」を併設し、ヨガやライブなど終日楽しめるコンテンツも用意する。

 開催時間は9時~16時(日曜は21時まで)を予定。出店メニューなど詳細は、ホームページで発表していく。