元旦は「うるう秒」挿入で1秒長い一日に 「8時59分60秒」の見学も

2015年7月1日のうるう秒挿入時の様子。画像提供:情報通信研究機構(NICT)

2015年7月1日のうるう秒挿入時の様子。画像提供:情報通信研究機構(NICT)

  • 0

  •  

 情報通信研究機構(NICT、小金井市貫井北町4)は2017年1月1日、「うるう秒」の挿入を実施する。

 「うるう秒」の調整は、地球の回転の観測を行う国際機関「国際地球回転・基準系事業」(IERS=International Earth Rotation and Reference Systems Service、フランス)が決定しており、これを受けて世界で一斉に「うるう秒」の調整が行われている。日本では、総務省およびNICTが法令に基づき標準時の通報にかかわる事務を行っており、IERSの決定に基づきNICTにおいて日本標準時に「うるう秒」の挿入を実施している。

[広告]

 今回は1月1日の8時59分59秒と9時00分00秒の間に「8時59分60秒」の挿入を実施する。「60秒」の表示は、一般の時計では見ることはできないが、NICT本部研究本館に設置している「日本標準時大型表示装置」で確認することができる。

 当日は敷地の一部を開放し「8時59分60秒」を観覧するスペースを設ける。「うるう秒」に関する説明会を8時40分と9時10分に開催。「なぜうるう秒の挿入が必要なのか」「日本標準時はどのように作られ配信されているのか」などの説明を行う。展示室は9時から10時まで臨時オープンする。

 敷地への入場は7時から。参加無料。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home