ウェブサイト「くにたち鉄道グッズ館」 鉄道会社8社が参画

現在、8社の鉄道会社が参画。&copyくにたち鉄道グッズ館

現在、8社の鉄道会社が参画。&copyくにたち鉄道グッズ館

  • 65

  •  

 全国の鉄道グッズを販売するウェブサイト「くにたち鉄道グッズ館」が4月5日、オープンした。運営は「ジェイアール総研エージェント」(国分寺市光町1)、サイト制作は「テンダ」(豊島区)。

 2014年に開設された全国の鉄道会社情報のポータルサイト「くにたち鉄道情報館」内にオープンした同ウェブサイト。ジェイアール総研エージェントの渡邊社長は「当サイトの母体となっている『くにたち鉄道情報館』は全国の鉄道会社の情報を発信していくことを目的に立ち上げ、現在78社の鉄道会社に参画いただいている。鉄道会社の多くが自社でオリジナルグッズを作製、販売しているが、そうした商品をただ紹介するだけではなく、各鉄道会社の商品をまとめて購入したいといった利用者のニーズに応えたいと思い当サイトを立ち上げた」と話す。

[広告]

 同サイトには現在、青い森鉄道(青森県)、会津鉄道(福島県)、上毛電気鉄道(群馬県)、東邦電機工業(東京都)、富山ライトレール(富山県)、島原鉄道(長崎県)、長崎電気軌道(同)、熊本電気鉄道(熊本県)の8社の鉄道会社が参画。ストラップやクリアファイルなどの小物・生活雑貨や、布製品・服飾雑貨、鉄道模型、入場券・乗車券など約70点の鉄道グッズをそろえる。

 今後は、参画鉄道会社や鉄道グッズの追加を予定するほか、「普段では手に入らないサイト限定商品やプレゼント」の展開も検討しているという。

 渡邊さんは「全国の鉄道グッズをまとめて購入できるところが大きな特長。鉄道ファンはもちろん、単純に面白い・珍しい商品を求めている方、商品を買うことで鉄道会社を応援したいといった方に幅広く利用していただければ」と呼び掛ける。

 サイトオープンを記念して現在、初回購入時に、鉄道利用者などの安全、幸福を願う「福島成田山不動院」の「鉄道御守」を進呈している。先着20人。