見る・遊ぶ 暮らす・働く

nonowa武蔵小金井に店舗や公園備えた「ムサコガーデン」 記念イベントやキャンペーンも

ムサコガーデン

ムサコガーデン

  •  

 武蔵小金井駅西側高架下(小金井市本町6)に4月14日、nonowa武蔵小金井「ムサコガーデン」がオープンする。運営はJR中央ラインモール(小金井市本町1)。

「ミニ電車体験」の様子

 同施設には農産物を販売する「地産マルシェ」、インテリア・生活雑貨「ニトリ デコホーム」、イタリア料理「ミア・ボッカ」、和食・すし・うどん「寿司屋銀蔵」の4店舗が出店するほか、多摩・武蔵野に自生する100種類以上の植物を使った回遊歩行空間「ののみち」、電車の滑り台を整備する「むさこぷらっと公園」(小金井市管理)、イベントスペース「nonowa Roof」を整備する。同施設の開業で、「nonowa武蔵小金井」高架下エリア全体の開業となる。同社開発本部の稲垣毅さんは「高架下のさら地が着工から1年たち、ようやく開業を迎える。末永く地域の方々に愛されるエリアになってほしい」と話す。

[広告]

 オープンを記念して4月14日~28日、オープニングキャンペーンを行う。14日・15日には購入金額に応じて抽選に参加できる「オープン記念大抽選会」、14日にはジャズなどが楽しめる「nonowa music LIVE」や幼児から参加できる「多摩産材を使用したカスタネットづくり」(3回、各15人、10時から参加整理券配布、参加無料)を行う。21日・22日には「nonowa マーケット×地産マルシェ」と題し、武蔵野・多摩エリアで生産された農産物や菓子・飲料などの加工食品を販売する。28日の「ムサコガーデン トレインフェスティバル」では「ミニ電車体験」「こども駅長制服撮影会」「新幹線ペーパークラフト制作ワークショップ」などを行う(10時から参加整理券配布)。

 稲垣さんは「さまざまなイベントを用意しているので、武蔵小金井の新しい顔ムサコガーデンにぜひ遊びに来ていただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は、「地産マルシェ」「ニトリデコホーム」=10時~21時、「ミアボッカ」「すし屋銀蔵」=11時~23時。