見る・遊ぶ 学ぶ・知る

立川の産婦人科で子連れで楽しむイベント 「母親目線を大切に」企画運営

昨年の「なないろフェスタ」の様子

昨年の「なないろフェスタ」の様子

  •  

 立川の「井上レディースクリニック」(立川市富士見町1)で9月9日、子連れで楽しむイベント「なないろフェスタ」が開かれる。主催は立川を拠点に活動する「子育てリンクコミュニティー Dear Mother」とNPO法人「マザーシップ」。

 2016年に始まり今年で3回目を迎える同イベント。Dear Mother代表の水城優子さんは「当団体が子育てをキャリアにしながら地域で仕事を生み出していくことを一つの狙いとしていることもあり、母親目線を生かした企画運営を意識している。出店ブース、協賛企業、会場設営、どれを取っても母だったら何がうれしいか、どんな内容だったら親子で楽しいか、という母親目線を大切につくり上げてきている」と話す。

[広告]

 当日は30のブースが出店。ハンドメード品の販売や、「おひるねアート」撮影体験会、スクラップブッキング、ハワイアンキルト、手形足型のポーセラーツなどのワークショップ、バランスボールや、ベビーマッサージ、ベビーダンスなどの体験レッスンを用意。リラクセーションのブースでは、子ども連れでも受けられる手元・指先のケア、頭・首・肩のマッサージなども用意している。クッキーやパンなどのフードブースも。

 今年は、メンバーがママや女性の目線で選んだ魅力的な企業・商店・団体を紹介する「Dear Mother セレクション」を、開催後に使えるクーポン(一部店舗)を付けて来場者に配布する。「開催後もママとまちがつながっていく機会になれば」と水城さん。

 「親子で楽しい、ママがうれしい企画をたっぷり楽しんでいただき、自分や大切な人の体のこと、かけがえのない毎日のための学びについても持ち帰っていただきたい。ステージではくるりんやウドラの出演のほかに、井上院長先生のミニトークショーも予定しているので、ぜひ足をお運びいただき、自分の体にも向き合うきっかけにしていただければ」とも。

 開催時間は10時~15時。