見る・遊ぶ

昭和記念公園花火大会、11月23日に決定 台風の影響で中止からの再度開催へ

立川まつり国営昭和記念公園花火大会

立川まつり国営昭和記念公園花火大会

  •  

 「立川まつり 国営昭和記念公園花火大会」が11月23日、国営昭和記念公園(立川市緑町)で開催される。

 当初は7月28日に予定されていたが、台風12号の影響を考慮して順延予定日も含め中止となった。11月に再度開催を決めた理由について、立川商工会議所の星野智哉さんは「今回は60回記念大会ということで、例年にも増して各企業から多額の協賛金を頂いていた。また、多くの方々から開催を望む声を多数頂いた」と話す。

[広告]

 当日は1尺5寸玉や花火職人による競技大会での入賞作品である芸協玉、尺玉、スターマインなど約6000発の花火が打ち上げられる予定。

 有料観覧席のチケットは10月1日の10時から販売開始する。公園内の「みんなの原っぱ特設エリア」で観覧できるもの。2人用レジャーシート付きチケット(6,000円)=1200小間、1人用椅子席チケット(4,000 円)=1800席、団体シートチケット(定員10人、4万円)=20小間の3種類。

 星野さんは「夏よりも空気が澄み、きれいな花火がご覧いただけると思う。この時期、本格的な花火大会を開く地域は近隣ではないので、防寒対策をしっかりして秋の花火をお楽しみいただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は18時~19時。チケットはローソンチケット、ぴあなどで取り扱う。