見る・遊ぶ

昭和記念公園で「スポーツ博覧会」 パラ競技など「気軽に参加を」

ブラインドサッカーを体験する参加者の様子

ブラインドサッカーを体験する参加者の様子

  •  

 国営昭和記念公園(立川市緑町)みどりの文化ゾーンで10月6日・7日、気軽に参加、体験できるスポーツイベント「スポーツ博覧会・東京2018」が開かれる。

会場ではトランポリン体験も

 都民が楽しく体を動かすきっかけづくりになることを目的とし、国営昭和記念公園と駒沢オリンピック公園(世田谷区)の都内2会場で同時開催される秋の恒例スポーツ体験イベント。昨年は両会場合わせ2日間で24万1000人が参加した。主催は東京都、公益財団法人東京都スポーツ文化事業団、一般社団法人東京都レクリエーション協会。

[広告]

 イベント広報事務局広報担当者は10回目となる今回について、「多くのオリンピアンやパラリンピアンなどによるデモンストレーションに加え、誰もが気軽に楽しめるレクリエーション性の高いニュースポーツの体験も大幅に充実させている」と話す。

 国営昭和記念公園ではボルダリングタワーを登る「スポーツクライミング大会」や「柔道」「トランポリン」「ポニー乗馬体験」などのほか、「カバディ」「ネオホッケー」「スカットボール」といった多彩なニュースポーツを含む約29種のスポーツを体験できる。

 「2年後に東京オリンピック・パラリンピック2020を控え、今年は日頃なかなか体験できないパラリンピック競技を用意している」と広報担当者。会場ではアイマスクを着けて行う5人制サッカー「ブラインドサッカー」、レース用車いすを体験できる「車いすレーサー体験」などが行われる。シドニーパラリンピック800メートル銀メダリストのプロ車いすアスリート廣道純さんや、ロンドンオリンピック女子柔道78キロ超級銀メダリスト杉本美香さんなどアスリート6人もゲストに招く。

 ステージでは、スポーツアニメでも活躍する声優の浪川大輔さんと落合福嗣さんによるアスリート&タレントトークショーや、「U字工事」「アルコ&ピース」らが出演するお笑い芸人ステージ、「仮面ライダージオウ」ショーなどを開催する。レジャーシートやオリジナルグッズを進呈するスタンプラリーやグルメキッチンカーも。

 「子どもから大人まで誰もが楽しめるスポーツやステージを数多く用意しているので、ぜひこの機会にさまざまなスポーツに挑戦してほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~17時。入場無料。