食べる

立川高島屋S.C.に「猿田彦珈琲」 国内11店舗目

「猿田彦珈琲(コーヒー) 立川高島屋S.C.店」店舗イメージ

「猿田彦珈琲(コーヒー) 立川高島屋S.C.店」店舗イメージ

  •  
  •  

 「猿田彦珈琲(コーヒー) 立川高島屋S.C.店」が12月19日、「立川高島屋S.C.」(立川市曙町2)にオープンする。

 2011年に恵比寿で創業した人気コーヒー専門店の国内11店舗目。店舗設計デザインは調布、武蔵小杉に続き第三弾となる建築家の谷尻誠氏さん、吉田愛さんの率いるサポーズデザインオフィス(渋谷区)。店舗面積は192平方メートル。席数はカウンター、テーブル合わせて58席。

[広告]

 同店のコンセプトは「1杯のおいしいコーヒーになる瞬間を楽しめるお店」。「豆の買い付けから焙煎(ばいせん)に至るまで、おいしさを追求し続けた豆がおいしいコーヒーになる瞬間を見届けていただきたいという思いで、コーヒーを入れる所作を楽しめるカウンター席を設置した」と広報担当者。「幅広い年齢層や子ども連れにもリラックスしてもらえるように、店内はゆったりとしたシートレイアウトになっている。知らず知らずのうちに時間がたつような、コーヒータイムをより豊かに過ごせる空間に仕上げた」とも。

 メニューは「ドリップ」(480円~)、「ディカフェ」(510円)、「カフェラテ」「カプチーノ」(以上460円~)、「蜂蜜のラテ」(490円)、「こどもコーヒー牛乳」(380円)などのドリンクメニューのほか、「寿太郎のホットケーキ」(720円)、「寿太郎のスペシャルホットケーキ」(1,100円)、「ティキタカのアイスクリーム」(450円)などのフードメニューも用意。豆の販売も行う(価格は全て税別)。

 オープン記念として、来年1月18日までチラシ持参やSNS投稿などで特典を受けられるサービスを行う。

 営業時間は10時~20時

  • はてなブックマークに追加