見る・遊ぶ

立川・フロム中武に体験型スポーツテーマパーク「レジェンドスポーツヒーローズ」

お披露目会にゲストとして登場した宮本和知さん

お披露目会にゲストとして登場した宮本和知さん

  •  
  •  

 立川駅北口の商業施設「フロム中武」(立川市曙町2)地下1階にオープンを予定するスポーツテーマパーク「レジェンドスポーツヒーローズ立川」のお披露目会が12月17日、関係者向けに開かれた。

 「みんなで楽しむアトラクション空間」をテーマに、子どもから大人まで楽しめるさまざまな種目のスポーツマシンをそろえる体験型スポーツテーマパーク。運営は、IT技術、機械、電子工学などの先端技術に、スポーツと大型スクリーンを掛け合わせたE-Sports(エレクトロニック・スポーツ)マシンの企画開発などを手掛ける「レジェンドベースボール」(新宿区)。都内初の店舗となる同店は、直営店舗としてはイオンモール幕張新都心店(千葉県千葉市)に続く2店目。

[広告]

 フロア面積は約410坪で、18種類25機のコンテンツをそろえる。「体感速度80~160キロの球を操作しながら、『走らなくても野球ができる』を実現した」というバッティングマシン「レジェンドベースボール」は、「バットを振る勇気さえあれば、どんな人でも野球選手になれる」と同社広報担当の前田相伯さん。手綱や足で馬をコントロールしてコースを巡る「レジェンドホースライディング」は「乗馬の醍醐味(だいごみ)を味わえると思う」と自信を見せる。リアルな釣り竿を使い、海釣り体験ができる「レジェンドフィッシング」、アルペンスキーを忠実に再現したという「レジェンドスキー」など、5種類の新作スポーツマシンもラインアップする。

 12月下旬に予定するプレオープンに先駆け開かれたお披露目会では、ゲストとして読売巨人軍・投手総合コーチの宮本和知さん、野球ユーチューバーのトクサンさん、ライパチさんが登場。宮本さんは「子どもたちがいろいろなスポーツに興味を持つきっかけになれば」と期待を寄せた。「レジェンドベースボール」のデモンストレーションでは、トクサンさんとライパチさんが同機の試合モードを使い対戦。宮本さんが球種やスピードなどの解説を行い、実戦さながらのバッティング対決となった。

 営業時間は10時~翌1時(最終入場24時)。利用料金は、90分パック=平日18時~・土曜・日曜・祝日は大人2,500円、小中高2,200円、4歳以上の未就学児1,300円、平日18時までは大人2,300円、小中高2,000円、4歳以上の未就学児1,100円など。初回は会員登録料として300円がかかる(価格は全て税別)。小学生以下は要保護者同伴。施設内フードコートは来年春のオープンを予定する。

  • はてなブックマークに追加