見る・遊ぶ

江戸東京たてもの園で「お正月の催し」 伝統芸能や正月あそびなど

昨年のイベントの様子

昨年のイベントの様子

  •  

 江戸東京たてもの園(小金井市桜町3)で1月2日から、「お正月の催し」が開催される。

 同園は、都内各所から30棟の歴史ある建造物を移築し、室内の調度から景観までを復元・展示している。期間中、園内は門松やしめ飾りが付けられ、江戸時代より受け継がれる伝統的な芸能や演奏、昔の正月あそびなどの行事に触れる機会を提供する。

[広告]

 1月2日・3日は「江戸の正月を楽しもう」。獅子舞や太神楽、和楽器演奏、小金井市指定無形民俗文化財の「餅搗と餅つき歌」など、江戸時代以来の正月の風習を楽しめる。特別開園で入場無料。

 1月5日・6日は「正月の昔あそび」。羽子板やかるた、書き初めなどのほか、雅楽の演奏や賑やかな小金井ばやしの実演など正月行事や昔の遊びに触れることができる。着物での来園、またはウェブサイトの「入園料割引クーポン」を提示すると入園料が2割引きになる。

 1月14日は「成人の日はたてもの園へ」。人力車に乗って園内巡りや、復元建造物の写真館で記念撮影ができる。新成人は入園無料。

 開園時間は9時30分~16時30分。イベントの開催時間はそれぞれ異なる。入園料は一般400円など。