食べる 見る・遊ぶ

「昭和の森ガーデン CAFE & BBQ」がリニューアル シアター席など新設

全席を屋久島の杉を使用したウッドデッキにリニューアル

全席を屋久島の杉を使用したウッドデッキにリニューアル

  •  
  •  

 「昭和の森ガーデン CAFE & BBQ(カフェアンドバーベキュー)」(昭島市田中町)が6月15日、リニューアルオープンした。運営は、大型都市公園や商業施設などのデーキャンプやバーベキュー場の管理・運営を手掛けるヒーロー(国立市東1)。

 手ぶらでバーベキューが楽しめる施設として2012(平成24)年にオープンした同店。「Play with Grills」をコンセプトに、「BBQを楽しむだけではなく、五感全てを使って遊びながら学べる新しいアウトドアBBQ体験の場」としてリニューアルしたという。

[広告]

 リニューアルでは、入り口にモザイク柄の木製ゲートを新設したほか、BBQエリアの全席を屋久島のスギを使用したウッドデッキに変更。ステージやシアター席も新たに設え、7月からは逗子映画祭などを主催する移動式映画館「シネマキャラバン」とコラボした映画上映やライブなどBBQと一緒に楽しめる催しを予定する。フリーエリアには1年中たき火が楽しめる「焚火ラウンジ」も新設。焼きマシュマロが楽しめるほか、秋~冬はたき火専用のBBQメニューも提供する予定。

 席数は174席~最大200席。完全予約制で、営業時間内で最大3時間利用できる。器材と食材付きのセットプランは、塊肉BBQを手軽に楽しめる「ライトBBQプラン」(1人2,980円、2人~)や、塊肉BBQとダッチオーブンで作るジャンバラヤが楽しめる「ダッチオーブンBBQプラン」(同3,480円、4人~)、スペアリブやバーガーも楽しめる「URBAN BBQプラン」(同3,980円、4人~)、小学生以下限定の「キッズBBQプラン」(同1,800円)など。ポテトやサラダ、自分で薫製料理を作る「スモークセット」など、当日追加で注文できるアラカルトメニューもそろえる。

 ドリンクは、3時間飲み放題のフリードリンク(ソフトドリンク=500円、アルコールとソフトドリンク=デイタイム1,500円、サンセットタイム2,000円、価格は全て税別)を用意。オープン当初より同店のシンボルとして設置しているキャンピングカー「エアストリーム」を利用したドリンクカウンターで提供する。

 店長の小野嘉奈子さんは「当店は車道や住宅街から離れた場所に位置しており、安全にかつ周りに気兼ねなく楽しめる環境。大人も子どもも思いっきりBBQや楽しい会話、新しい体験に夢中になっていただければ」と呼び掛ける。「最大200人まで収容可能なので会社のレクリエーションなども盛大に行うことができる。貸し切りの際には、スクリーンやステージも使っていただけるので盛り上がること間違いなしだと思う」とも。

 営業時間は、11時30分~16時、17時~21時30分。冬季期間(12月上旬~3月下旬)は休業。予約はウェブまたは電話(050-5835-0493)で受け付ける。

  • はてなブックマークに追加