食べる

立川のラーメン店2店舗が「次世代ラーメン決定戦」2次選考進出

「えびそば えび助 東京」の「濃厚魚介海老太麺(海老辛味噌のせ)」(850円)

「えびそば えび助 東京」の「濃厚魚介海老太麺(海老辛味噌のせ)」(850円)

  •  
  •  

 「Yahoo!特別企画 ラーメン特集2019-2020」内で開催中の「第11回 最強の次世代ラーメン決定戦!」の2次選考に立川のラーメン店「えびそば えび助 東京」(立川市柴崎町3)と「立川中華そば ととホンテン」(曙町3)が進出した。現在、一般投票が行われている。

「立川中華そば ととホンテン」の「塩ペペロン油そば」

 全国のラーメンファンの投票によって優勝を決定し、優勝店舗には賞金とカップ麺として商品化される権利を授与する同企画。11回目となる今回は、「次世代あっさり部門」「次世代こってり部門」「ガツ盛り部門」「汁なし部門」の4部門で全国のラーメン店の参加を募集。現在、1次の書類審査を経て選ばれた各部門6店舗がユーザー投票による2次選考に挑んでいる。

[広告]

 立川駅南口の「アレアレア2」(柴崎町3)にある「ラーメンスクエア」で営業する「えびそば えび助 東京」。同企画2回目の挑戦となる今回は、「次世代こってり部門」に「濃厚魚介海老太麺(海老辛味噌のせ)」でエントリーする。濃厚な鶏白湯スープに、魚介スープと甘海老スープを合わせた濃厚海老そばで、麺は「食べ応え抜群」のもちもちの太縮れ麺を合わせる。にんにくが利いた特製のえび辛みそのトッピングで「ガツンと刺激的な一杯」になるという。店主の山口玄士良さんは「立川から全国の方々に、えび助の『海老そば』をお届けしたい」と応援を呼び掛ける。

 営業時間は11時~23時(日曜は22時まで)。店での提供価格は850円。

 立川駅北口に店を構える「立川中華そば ととホンテン」は、「汁なし部門」に「塩ペペロン油そば」で挑む。今年の春から限定メニューとして提供し、好評を博しているという同ラーメンは「ありそうでなかったあっさり塩味の油そば」。麺は、汁なしのため麺のおいしさを前面に出せる平打ちちぢれ麺を選択。中華麺ならではの食感を生かしつつ、自家製の豚脂やガーリックオリーブオイルなどシンプルな素材で仕上げた。「隠し味のレモン汁の爽快感と荒挽き唐辛子の刺激、風味豊かなバラ海苔がマッチした自信作」と店主の高橋慎さん。

 営業時間は11時~14時、17時30分~21時30分(土曜・日曜・祝日は11時~15時、17時~20時)、水曜午後は休み。店での提供価格は800円。

 投票方法はウェブ、ツイッター、フェイスブック、店舗で注文したラーメン画像にハッシュタグを付けてツイッターで投票すると3倍のポイントが付く「店舗で食べて投票」の4種類。同企画への投票および店舗での商品提供は8月31日まで。

  • はてなブックマークに追加