3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 学ぶ・知る

国立にスタバ国内初のサイニングストア 手話を使ったサービス提供

手話を中心としたコミュニケーションで接客サービスを提供するスタバのサイニングストア

手話を中心としたコミュニケーションで接客サービスを提供するスタバのサイニングストア

  •  
  •  

 リニューアルオープンする「nonowa国立EAST」(国立市北1)に6月27日、スターバックスコーヒージャパンによる国内初のサイニングストア「スターバックス コーヒー nonowa国立店」がオープンする。

「すぐに使いたくなる」手話表現をモチーフにしたアート作品

 「多様な人々が自分らしく過ごし活躍できる居場所の実現」を目指すスターバックスのテーマ「ダイバーシティ&インクルージョン」を象徴する店舗の一つとなる同店。「パートナー」と呼ばれる25人のスタッフのうち聴覚障がいのある19人も、聴者のスタッフ同様、接客やビバレッジなどの提供を行う。店長の伊藤真也さんは「障がいという個性が輝く居場所として、一人一人がポテンシャルを発揮しながら持続的に活躍できる職場を実現する」と話す。

[広告]

 現在サイニングストアはマレーシアに2店舗、米国に1店舗、中国に1店舗あり、今回オープンする国立の店舗は世界で5番目。これまでもスターバックスでは、聴覚に障がいのあるパートナーによる自主的な活動として「手話カフェ」「手話によるコーヒーセミナー」などのイベントを開いてきたほか、聴覚障がいを持つパートナーが中心となって店舗運営を行う「サイニング アクティビティー 」プログラムも実施してきた。その中で国内のパートナーから「自分たちでお店をやってみたい」という声が上がり、今回の新店オープンにつながったという。インクルーシブなまちづくりを理念に掲げ、近くにろう学校もあることから理解のある街として、国立が選ばれた。

 同店では気軽に手話に触れられる工夫として、商品の受け取り場所にデジタルサイネージを設置。レシートに印字された番号だけでなく、あいさつなどでよく使う手話も表示する。さらにスターバックスにちなんだ手話をモチーフにしたアート作品を通じて、手話を楽しく学ぶことができる展示で店内を彩る。「手話でのオーダーに加えて音声や指差し、筆談でも注文可能」と伊藤さん。「手話ができなくても大丈夫。コミュニケーションの方法は多彩だということを体験していただきたい」とも。

 同店ではウイルス感染症対策として、当面はテークアウト販売のみとするほか、口元の動きを読み取りやすい透明マスクの導入や音声入力によるタブレットでの注文を受け付けるほか、混雑を避けるため整理券を配布する。伊藤さんは「最高のチームワークで自分たちの願いがようやく実現した。こみ上げる思いとともにワクワク感でいっぱい。個性豊かなパートナーが勢ぞろいしているので、この店ならではの独自のイベントも開いていきたい」と意欲を見せる。

 営業時間は7時~22時(6月27日のみ10時開店)。

Stay at Home