食べる

立川・ビュッフェ形式の専門店「カレー会議室」が1周年 記念価格で提供も

「カレー会議室」店長の宮澤航太さん

「カレー会議室」店長の宮澤航太さん

  • 72

  •  

 立川駅北口にあるビュッフェ形式のカレー専門店「カレー会議室」(立川市曙町2)が10月1日、1周年を迎えた。

店内の様子

 店のコンセプトは「おいしいカレーをDIY!」。スパイスカレー3種、ライス2種、チキンや野菜の副菜とパクチー・ゆで卵などのトッピング、ドリンクをビュッフェ形式、お替わり自由で楽しめるのが特徴。

[広告]

 価格は、平日=1,300円、土曜・日曜・祝日=1,500円(以上、小学生以下600円、幼児無料)、テークアウト=Mサイズ900円、Lサイズ1,100円。全て税別。利用時間は1時間まで。ドリンクは使い捨て容器を使い、飲食後に持ち帰りもできる。

 同店は、「つけ蕎麦(そば)BONSAI」(曙町2ほか2店)、ハンバーガーショップ「THIS IS THE BURGER」(国分寺市南町2)、「Delicier's」(錦町1)の系列店。各店の会議室や事務所として使っていた場所に開いたため「カレー会議室」と名付けた。

 「カレーは小麦粉・砂糖・化学調味料不使用、油も少なめで調理。試作を重ねブレンドしたスパイスと野菜をたっぷり使ったカレーに、思い思いの副菜をトッピングして、健康的におなかいっぱい食べていただければ」と店長の宮澤航太さん。

 新作のグリーンカレーは、タイレストランのシェフにも相談しオリジナルのカレーペーストを配合。砂糖や化学調味料を使わず、野菜とシーフードで甘みとうま味を引き出し、ココナツミルクで仕上げた「自信作」。階下の系列店「つけ蕎麦BONSAI たちきた店」では、コラボメニュー「グリーンカレーつけ蕎麦」を期間限定で提供している。

 「ビュッフェ形式のため、感染対策には特に気を使っている」と宮澤さん。入店時は検温・消毒に加え、パーテーションを設置するほか、食品トレーは全てふた付きに変更。取り分け時は各自使い捨て手袋の使用を呼び掛ける。

 「おかげさまで常連さんにも恵まれ1周年を迎えることができた。今後も味のクオリティーを上げて、さまざまなカレーに挑戦したい」と意気込む。

 営業時間は11時~15時、17時~22時(日曜は21時まで)。10月10日には1周年を記念して特別価格で提供。ビュッフェ1,000円、テークアウト(M・L共)900円。営業時間は11時~22時(カレーが無くなり次第終了)。

Stay at Home