見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

立川経済新聞、年間PV1位は「SORANO HOTEL、都民限定割引プラン販売開始」

SORANO HOTELのインフィニティプール

SORANO HOTELのインフィニティプール

  • 29

  •  

 2020年の立川経済新聞の年間PV(ページビュー)1位に輝いた記事は、「立川『SORANO HOTEL』、都民限定割引プラン販売開始」だった。

 ランキングは、1月1日から12月10日に配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

[広告]

1. 立川「SORANO HOTEL」、都民限定割引プラン販売開始(9/4)

2. 型紙無しでも作れるエコバッグ 立川の事業者が作り方をネットで無料公開(7/17)

3. 昭島市内で「はじまりの花火」 青年会議所が全国一斉打ち上げ(7/20)

4.昭和記念公園で「アウトドアフェスティバル」 無料エリアに120団体(10/20)

5. 立川の「SORANO HOTEL」、インフィニティプール体験可能な日帰りプラン(8/4)

6. ハンドメード作家による手作りマスク、玉川上水まちのデザイン室で販売(2/26)

7. 国立で「中央線パンまつり」 中央線沿線のパン店40店が一堂に(2/19)

8. 立川に夜景が一望できるビアガーデン BBQしながらスクリーンで映画鑑賞も(8/12)

9. 立川新街区「グリーンスプリングス」入居テナント 第2弾発表 (2/13)

10. 立川・新街区「グリーンスプリングス」、テナント順次オープン(3/31)

 1位は、グリーンスプリングスにできた「SORANO HOTEL」が都民限定割引プランの販売を始めた記事となった。コロナウイルス感染拡大第2波のこの時期、東京発着のGoToトラベルキャンペーンが対象外となり、都民は他県への移動自粛を要請されていた。それを受けて、都民が都内でリフレッシュできるように、都民限定35%引の特別料金プランを発売した。

 5位にも同ホテルの記事がランクインし、特徴的な最上階の温泉水のインフィニティプールは宿泊者限定の利用となるため、宿泊せずに日帰りで利用できるプランは近隣住民に注目されたと思われる。

 4月にオープンした、立川駅北側・新街区「グリーンスプリングス」(立川市緑町3)の入居テナントを伝える記事も9位、10位にランクイン。「SORANO HOTEL」の記事も合わせると、同街区に関する記事4本がランクインし、外出自粛要請が発出されていたコロナ禍にオープンしたが、注目が続いている。

 国営昭和記念公園に関する記事もアクセス数を伸ばし、4位のアウトドアフェスティバル、10位以下ながら「秋の夜散歩」(11位)、「東京ピクニック」(16位)とランクインしたが、毎年恒例のまんぱく、肉フェス、楽市、花火大会はコロナ禍の影響で全て中止となった。

 同園の花火大会は中止となったが、打ち上げ場所を事前に告知しない打上花火が全国の青年会議所主催で開催され、昭島で開催された記事も3位にランクイン。今年の夏は花火が見られないと思っていた人たちにうれしいニュースとなった。

 毎年多くランクインしていた新店オープンや催事の記事が激減した今年のランキングだったが、2021年も日々変化を遂げる広域立川圏の動向に注目していきたい。