見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

立川の音楽スクールがダンス・スクール開校 歌とダンスでまちを元気に

黄色が基調のダンススタジオ

黄色が基調のダンススタジオ

  • 14

  •  

 立川市内の音楽スクール「DECO MUSIC SCHOOL(デコ・ミュージック・スクール)」(立川市錦町2)が7月1日、ダンス・スタジオを併設した2号店「DECO DANCE SCHOOL(デコ・ダンス・スクール)」(錦町2)を開校する。

オープニング・イベントでの練木校長のライブ

[広告]

 「2020年2月のオープン時には15人だった生徒が12月には300人、現在では430人を超え、手応えを感じた。レッスンの予約も常に埋まる状態になり、昨年末から2号店の出店に向けて準備を始めた」と校長の練木亮輔さん。

 「ミュージカルをやっている生徒が多く通っているが、これまでは歌のレッスンだけで、ダンスは別の場所に習いに行っていた。2号店を開くに当たり、ダンス・スタジオを併設し、歌って踊れる講師を採用してカリキュラムの幅を広げた」という。「立川周辺にはダンス・スクールは多いが、HIP-HOP、ジャスダンスのほか、ミュージカル、タップ、バレエやK-POP、さらに演技のレッスンにも対応することで差別化を図った」とも。

 抽選で選ばれた約30人の生徒や関係者を集めて6月15日、オープニング・イベントを開いた。当日は、ミュージカル「アニー」で主演を務めた内田莉紗さんと練木さんの対談が行われ、内田さんが歌も披露した。

 第2部では、練木さんのミュージシャン時代のプロデュースを担当した音楽プロデューサーでミュージシャンの伊藤銀次さんとの対談が行われ、日本の音楽シーンの話や、ミュージシャンを目指す若い生徒たちからの質問に答えた。

 第3部では練木さんが20年来の現役プロミュージシャンの仲間と共に、トリオでのライブ演奏を披露。
 「今の自分は現役シンガーではなく、歌の先生であり経営者なので、自分の生徒の前で歌うのはリスクのある試み。41歳になるので、人前で歌うのはこれで最後になるかもしれないし、今しか見せられない姿があるのではないかと決断した」。会場に行けなかった生徒のために、ユーチューブでも配信した。

 練木さんは「コロナ禍のオープンとなり、感染防止対策にはかなり留意している。待合室とダンス・スタジオには大型の換気扇、マンツーマンのボイストレーニング室にも防音換気扇などを取り付けたので、安心してレッスンが行える環境を作った。たくさんの人に音楽で幸せになってもらい、まちを元気にできるスクールにしたい」と意気込みを見せる。

 レッスンの予約開始は7月1日。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース