食べる 買う 暮らす・働く

立川「カシノキコーヒー」が1周年 イートインも開始

店内をDIYで改装した「KASHINOKI COFFEE(カシノキコーヒー)」

店内をDIYで改装した「KASHINOKI COFFEE(カシノキコーヒー)」

  • 22

  •  

 立川・諏訪通りのコーヒースタンド「KASHINOKI COFFEE(カシノキコーヒー)」(立川市柴崎町2)が11月下旬、イートインを始めた。

「カシノキコーヒー」外観

[広告]

 「スペシャルティコーヒー」とカップスイーツのテークアウト専門店として、昨年11月30日にオープンした同店。1周年を迎え、客の要望を受けて店内をDIYで改装し、店内にカフェスペースを設けた。

 店主の林巨樹さんは「コロナ禍でオープンし、幾度も繰り返される緊急事態宣言など苦しい中の開業だった」と振り返る。「一方で、地域の方々にスペシャルティコーヒーを楽しんでもらったり、地域のイベントや企業とのつながりもできたりと、手応えを感じている」と笑顔を見せる。

 同店のテーマは「サステイナブル(人間・社会・地球環境の持続可能な発展)」。フェアトレードのコーヒーや紙製のストローやパッケージに加え、菓子製造許可のある「会員制シェアキッチンラボ」を併設し「サステイナブルな働き方」を提案する。「週に1人は申し込みの相談があり、キッチン利用者も増えている。コロナ禍で飲食業界にも働き方に多様性が生まれ、独立や個人の開業が増えていると感じる」という。

 生産者や環境を守るコーヒーや、生産時のCO2排出量を抑えた菓子材料や資材を使うなど、「サステイナブル」に取り組む同店。「一杯のコーヒーやスイーツの選択が、地球の未来につながっている」と林さん。「温暖化やコーヒー農家の労働環境、海洋プラスチックや林業の抱える問題、砂糖の生み出すCO2の排出量の問題など、カフェの与える影響は小さくない。未来の『おいしい』を守る選択を、地域から広げていければ」と来店を呼び掛ける。

 メニューは「ドリップコーヒー」(410円)、「カフェラテ」「抹茶ラテ」(以上460円)、「コーヒーゼリーラテ」(700円)、「マドレーヌ」(250円)、「フィナンシェ」(270円)、「ショートケーキ」(590円)、「エスプレッソティラミス」(670円)など。

 営業時間は10時~20時30分。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース